芸能人・経営者のおくやみ情報

薄田兼相(すすきだかねすけ)

戦国武将[日本]

(通称・隼人正、大坂夏の陣で戦死、慶長20年5月6日没)

1615年 6月2日 死去討死享年歳

薄田兼相 - ウィキペディアより引用

薄田 兼相(すすきだ かねすけ、? - 慶長20年5月6日(1615年6月2日))は、戦国時代の武将である。
初名は古継。
通称は隼人正。
豊臣秀頼に仕えた。
仇討ちや狒々退治の伝説で知られる武芸者岩見重太郎と同一視される。
生涯 前半生はほとんど不明。
山城国または筑後国出身とされる。
妹に堀田一継室がいる(『寛政重修諸家譜』)。
豊臣氏に仕官し、秀吉の馬廻り衆として3000石を領したとされる(後に5000石に加増)。
慶長16年(1611年)の禁裏御普請衆として名が残っている。
慶長19年(1614年)、大坂の陣に参戦。
大坂冬の陣においては浪人衆を率いて博労ヶ淵砦を守備したが、博労淵の戦いでは遊郭に通っている最中に砦を徳川方に陥落されるという失態を犯し、味方から「橙武者(橙は酸味が強く正月飾りにしか使えないことから、見かけ倒しを意味する。
)」との嘲りを受けた。
大坂夏の陣の道明寺の戦いにおいては、霧の発生により先陣の後藤基次の到着から8時間以上も到着が遅れ、直前に基次を討死させてしまう。

すすきだかねすけ [生]?[没]慶長20(1615).5.6.大坂安土桃山時代の武将。隼人正と称した。出身は不明であるが,大坂の陣において大坂方の武将として後藤基次らとともに活躍。夏の陣の際,大坂道明寺口片山辺において伊達政宗の重臣片倉小十郎重綱の一隊と戦い,戦死した。水野勝成の家臣河村重長に打取られたとの説もある。岩見重太郎と同一人であるとする説もあるが未詳。 (引用元 コトバンク)

「薄田兼相」と関連する人物(故人)