芸能人・経営者のおくやみ情報

伊庭八郎(いばはちろう)

幕臣[日本]

(明治2年5月17日没)

1869年 6月26日 死去自決享年26歳

伊庭八郎 - ウィキペディアより引用

伊庭 八郎(いば はちろう)は、江戸時代末期(幕末)から明治にかけての武士・幕臣。
諱は秀穎(ひでさと)。
隻腕の剣客として知られる。
生涯 天保15年(1844年)、「幕末江戸四大道場」の一つに数えられる御徒町の剣術道場「練武館」を営む心形刀流宗家を、養子となって継いだ伊庭秀業の長男として江戸に生まれた。
伊庭家では実力のある門弟が宗家の養子となって流儀を継承することが多いが、秀業も実子ではなく養子とした秀俊に継がせており、秀穎はこの義理の兄にあたる秀俊の養子となって後に宗家を継ぐことになる。
幼少の頃は剣術よりも漢学や蘭学に興味があり、剣術の稽古を始めたのは遅くなってからだったが、次第に頭角を現し“伊庭の小天狗”“伊庭の麒麟児”と異名をとるようになる。
元治元年(1864年)、江戸幕府に大御番士として登用されると直ぐに奥詰(将軍の親衛隊)となった。
幕臣師弟の武術指導のための講武所がつくられると教授方を務めた。
慶応2年(1866年)に奥詰が改編され遊撃隊となると、八郎も秀俊と共に一員となった。

いば-はちろう 1843-1869幕末の剣術家,武士。天保(てんぽう)14年生まれ。心形刀(しんぎょうとう)流8代伊庭軍兵衛の長男。伊庭想太郎の兄。9代伊庭秀俊の養子となり,宗家(10代)をつぐ。講武所から奥詰勤務となり,将軍の護衛役として京坂におもむく。鳥羽・伏見の戦いで負傷,箱根戦争で左腕をうしない,江戸にもどり彰義隊にはいったが敗れた。明治2年5月12日五稜郭(ごりょうかく)の戦いで死去。27歳。名は秀穎(ひでさと)。著作に「征西日記」。【格言など】まてよ君迷途(めいど)も友と思ひしにしばしおくるる身こそつらけれ(辞世) (引用元 コトバンク)