芸能人・経営者のおくやみ情報

井上源三郎(いのうえげんざぶろう)

新撰組隊長[日本]

(慶応4年1月5日没)

1868年 1月29日 死去戦死享年39歳

井上源三郎 - ウィキペディアより引用

井上 源三郎(いのうえ げんざぶろう、文政12年3月1日(1829年4月4日) - 慶応4年1月5日(1868年1月29日))は、新選組の六番隊組長。
諱は一重、後に一武(かずたけ)。
武蔵国日野宿北原(現在の東京都日野市日野本町)にて、八王子千人同心世話役の井上藤左衛門の三男として生まれる。
兄・松五郎は千人同心。
弘化4年(1847年)頃、天然理心流の三代目宗家・近藤周助に入門。
佐藤彦五郎が天然理心流の出稽古用に設けた道場で土方歳三らと共に稽古に励んだ。
又源三郎は近藤勇の兄弟子でもあり、彼らとはこの頃親交を深めたとされる。
万延元年(1860年)、免許皆伝。
然し、免許皆伝まで10年ほどかかった努力家タイプで、誤解も受けたのか「文武ともに劣等」と評されたこともある。
文久2年(1862年)2月、浪士組に近藤・土方らと参加。
文久3年(1863年)に芹沢鴨一派が粛清されると副長助勤に就任する。
元治元年(1864年)の池田屋事件では土方隊の支隊の指揮を担当。
近藤隊が斬り込んだという知らせを受けて部下と共に池田屋に突入、8人の浪士を捕縛する活躍を見せる。

新選組六番隊隊長。文政12年(1829)〜慶応4年(1868)1月5日。享年39歳。 武蔵国多摩群日野(東京日野市)出身。 武州日野宿北原の八王子千人同心で村役組頭も勤めた井上家の三男として生まれる。 天然理心流入門は弘化年間のことで近藤勇、土方歳三、沖田総司、よりも兄弟子に あたり、源三郎は入門から十三年かけて1860年の31歳に免許を受けた。 慶応4年1月5日の鳥羽伏見開戦から三日目に淀・千両松で薩摩藩兵から応戦中に 銃弾をうけて戦死する。同じく隊士として参加してた甥の井上泰助は、その首級を 持ち帰ろうと途中まで必死に抱えていたが、抱えたままでは自身も危うくなり泣く泣く 刀とともに埋めてしまったという。その埋められた場所はわからない。 (引用元 Hatena Keyword)

「井上源三郎」と関連する人物(故人)