芸能人・経営者のおくやみ情報

養鸕徹定(うがいてつじょう)

侶・浄土宗、知恩院第75世[日本]

(別表記・鵜飼徹定)

1891年 3月15日 死去享年78歳

うがい-てつじょう 1814-1891幕末-明治時代の僧。文化11年3月15日生まれ。京都で仏教と儒学を,江戸増上寺で浄土宗学をまなぶ。明治2年諸宗同徳会盟の盟主につき,仏教擁護とキリスト教排斥運動の中心となる。5年浄土宗初代管長。7年知恩院住職。明治24年3月15日死去。78歳。筑後(ちくご)(福岡県)出身。旧姓は鵜飼。号は瑞蓮社順誉金剛宝阿,古経堂,杞憂道人など。著作に「仏法不可斥論」「笑耶(しょうや)論」など。 (引用元 コトバンク)

「養鸕徹定」と関連する人物(故人)