芸能人・経営者のおくやみ情報

織田秀親(おだひでちか)

大和柳本藩藩主[日本]

(宝永6年2月16日没)

1709年 3月26日 死去刺殺享年48歳

織田 秀親(おだ ひでちか、寛文2年11月5日(1662年12月15日)- 宝永6年2月16日(1709年3月26日))は、大和柳本藩の第4代藩主。
尚長流織田家4代。
第3代藩主・織田秀一の長男。
母は側室(名は不詳)。
正室は土井利房の養女光曜院(土井利隆の娘)。
子は織田秀行(四男)など4男5女。
初名は長昌。
通称は源七郎、監物。
生涯 寛文13年(1673年)5月11日、将軍徳川家綱に御目見する。
貞享4年(1687年)9月17日、家督を相続した。
元禄元年(1688年)、数奇屋橋門番を命じられる。
元禄16年(1703年)5月、駿府加番を命じられた。
宝永6年(1709年)1月15日、前将軍徳川綱吉の葬儀に際し、朝廷からの使者の御馳走役を命じられる。
同役は前田利昌であり、2月15日には法要における徳川家宣参詣の際の行事が書かれた老中の奉書を利昌に回覧させないという嫌がらせを行った。
その翌日の同年2月16日、綱吉の法会が寛永寺で行なわれている時に、以前から仲が悪かった利昌によって殺害された。

「織田秀親」と関連する人物(故人)