芸能人・経営者のおくやみ情報

脇坂安元(わきざかやすもと)

信濃飯田・播磨龍野 藩主[日本]

(承応2年12月3日没)

1654年 1月21日 死去享年70歳

脇坂安元 - ウィキペディアより引用

脇坂 安元(わきざか やすもと)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将・大名・歌人。
伊予国大洲藩2代藩主、のち信濃国飯田藩初代藩主。
播磨国龍野藩脇坂家2代。
当時の将軍徳川家光の信任が厚い下総国佐倉藩主・堀田正盛の次男・安政を養子とすることを願い出て許されたことにより、外様の小藩であった脇坂家は譜代大名となることができた。
なお、安元は2代・安政より以前に、実弟・安経、次いで堀田正盛の弟・安利を養子としていたが、いずれも早世した。
生涯 天正12年(1584年)3月4日、脇坂安治の次男として山城国で生まれる。
兄・安忠が若くして病没したために嫡子となり、慶長3年(1598年)に大坂にて徳川家康に謁見した。
慶長5年(1600年)に豊臣姓を授けられ、従五位下、淡路守に叙任されている。
家康による会津征伐が起こると、父・安治の命で家康の元に参陣しようとしたが、石田三成らに阻まれ断念した。
三成らが挙兵すると、大坂に滞在していた脇坂親子は、止むを得ず西軍に加勢した。
しかし、小早川秀秋の裏切りを機に東軍に寝返り、大谷吉継隊を壊滅させ、石田三成の居城佐和山城攻めに加わるなど東軍の勝利に貢献した。