芸能人・経営者のおくやみ情報

吉行淳之介 氏

作家[日本]

1994年 7月26日 死去肝臓がん享年71歳

吉行淳之介 - ウィキペディアより引用

吉行 淳之介(よしゆき じゅんのすけ、1924年(大正13年)4月13日 - 1994年(平成6年)7月26日)は、日本の小説家。
代表作に『驟雨』『砂の上の植物群』など。
対談やエッセイの名手としても知られた。
岡山県岡山市に父・吉行エイスケ(モダニズムの詩人)、母・あぐり(美容師)の長男として生まれた。
同じ町内には内田百閒がいた。
2歳のとき両親が上京、東京麹町に育った。
府立一中の受験に失敗し、麻布中学を経て旧制静岡高校(現静岡大学)文丙(文系仏語クラス)に進んだ。
1944年、徴兵検査を受け甲種合格、20歳で召集されるが、9月1日の入営直後に気管支喘息と診断され即日帰郷。
翌年も徴兵検査を受け、再び甲種合格となった(召集前に終戦)。
1945年4月、東京帝国大学に入学。
5月の空襲で焼け出され、8月に終戦を迎えた。
淳之介は大学の授業にはあまり出席せず、新太陽社で編集のアルバイトをしていた。
社長の勧めで学業を放棄し(学費を一度も払わず、学費未納のため除籍処分)、1947年新太陽社に入社。

よしゆきじゅんのすけ [生]1924.4.13.岡山[没]1994.7.26.東京小説家。新興芸術派の作家吉行エイスケと美容家あぐりの長男。1947年東京大学英文科中退。『原色の街』(1951),『谷間』(52)を経て『驟雨』(54)で芥川賞を受け,庄野潤三,安岡章太郎,三浦朱門らとともに「第三の新人」と呼ばれるグループを形成した。きめの細かい洗練された感覚を生かした文体で,性の深淵に人間の確かな実在を認識しようとするモチーフを追求し,『娼婦の部屋』(58),『砂の上の植物群』(63),『暗室』(69),『鞄の中身』(74),『夕暮まで』(78)などを書いた。79年日本芸術院賞受賞。芸術院会員。 (引用元 コトバンク)