芸能人・経営者のおくやみ情報

荒木貞夫 氏

陸軍大将、政治家、男爵[日本]

1966年 11月2日 死去享年89歳

荒木貞夫 - ウィキペディアより引用

荒木 貞夫(あらき さだお、1877年(明治10年)5月26日 - 1966年(昭和41年)11月2日)は、日本の陸軍軍人、第1次近衛内閣・平沼内閣の文部大臣、男爵。
最終階級は陸軍大将。
皇道派の重鎮であり、昭和初期の血気盛んな青年将校のカリスマ的存在であった。
1931年(昭和6年)より犬養内閣・齋藤内閣陸相。
1934年(昭和9年)、軍事参議官。
1935年(昭和10年)、軍功により男爵。
1936年(昭和11年)、二・二六事件の粛軍の結果、予備役に編入される。
1938年(昭和13年) - 1939年(昭和14年)、第1次近衛内閣・平沼内閣の文相として国民の軍国化教育に邁進した。
生い立ち 東京都狛江市(出生当時は東京府多摩郡)出身。
小学校校長で、旧一橋家家臣だった荒木貞之助の長男として生まれる。
誕生日は木戸孝允の命日でもある。
日本中学中退を経て、1897年(明治30年)11月、陸軍士官学校卒業(第9期)。
近衛歩兵第1連隊に配属され、第16代連隊旗手をつとめる。
1907年(明治40年)11月、陸軍大学校を首席で卒業(「恩賜の軍刀」拝受)。

陸軍軍人。陸軍内のロシア通として知られた。陸軍皇道派の中心人物 1918(大正7)年 シベリア出兵に際して特務機関長、派遣軍参謀として反革命軍を援助。 1931(昭和6)年 犬養内閣の陸相に歴任。 1938(昭和13)年 第1次近衛内閣の文相。徹底した軍国主義教育を推進。 1939(昭和14)年 内閣参議。 敗戦後、極東裁判でA級戦犯として終身刑を宣告されたが、病気で仮出所し、その後釈放された。 (引用元 Hatena Keyword)