芸能人・経営者のおくやみ情報

大場松魚 氏(おおばしょうぎょ)

漆芸家[日本]

2012年 6月21日 死去老衰享年96歳

大場 松魚(おおば しょうぎょ、1916年(大正5年)3月15日 - )は、漆芸家。
蒔絵の重要無形文化財保持者(人間国宝)。
金沢美術工芸大学教授、輪島漆芸技術研修所名誉所長。
石川県金沢市出身。
本名、勝雄。

石川県立工業学校卒。
父、大場宗秀に学んだ後、昭和18年上京。
松田権六の内弟子となり2年間師事。
伊勢神宮式年遷宮御神宝「御鏡箱・御太刀鞘」(昭和27年及び47年)、中尊寺金色堂の保存修理(昭和39年)に従事したことがきっかけとなり、本格的な平文の技法に取り組んだ。
1982年(昭和57年)4月20日に人間国宝に認定される。

寺井直次
田口善国
日本の工芸家
人間国宝
石川県出身の人物
1916年生

 漆芸家で人間国宝の大場松魚(おおば・しょうぎょ、本名大場勝雄=おおば・かつお)氏が21日午前11時5分、老衰のため石川県津幡町の病院で死去した。96歳だった。金沢市出身。自宅は同市森山1の22の14。葬儀は24日午前11時から同市元町1の8の20のセレモニー会館兼六城北で。喪主は長男正志(まさし)氏。  塗り師の家に生まれ、工業学校を卒業後に上京。人間国宝の蒔絵(まきえ)師、松田権六に弟子入りした。蒔絵の技術に精通し、金銀の薄板を漆地と同一面になるように埋める平文(ひょうもん)の技法で高く評価された。 伊勢神宮の御神宝の制作や国宝の中尊寺金色堂の保存修理にも従事。1982年に蒔絵で人間国宝に認定された。 大場氏は今月20日、体調を崩して入院していた。

おおば-しょうぎょ 1916-2012昭和-平成時代の漆芸家。大正5年3月15日生まれ。父宗秀,松田権六(ごんろく)にまなぶ。日展,日本伝統工芸展などで活躍し,伊勢神宮式年遷宮(せんぐう)の神宝制作や中尊寺金色堂の修理にたずさわった。昭和52年金沢美術工芸大教授。平文(ひょうもん)技法にすぐれ,57年蒔絵(まきえ)で人間国宝。62年日本工芸会副理事長,63年石川県立輪島漆芸技術研修所所長。平成24年6月21日死去。96歳。石川県出身。石川県立工業卒。本名は勝雄。作品に「漆之宝石箱」「平文薄(すすき)の棚」「平文富士光平棗(ひらなつめ)」など。 (引用元 コトバンク)

「大場松魚」と関連する人物(故人)