芸能人・経営者のおくやみ情報

金田留広 氏(かねだとめひろ)

プロ野球選手[日本]

(金田正一は実兄、投手として最多勝2度)

2018年 10月2日 死去享年73歳

金田 留広(かねだ とめひろ、1946年11月17日 - )は、愛知県名古屋市北区出身の元プロ野球選手(投手)。
1974年にMVPを獲得。
同じく元プロ野球選手の金田正一、金田高義、金田星雄は実兄。
愛知高校を卒業後、愛知学院大学に進学。
1年生の時点で7勝4敗の成績を残すが中退した。
その後、社会人・日通浦和を経て、1969年にドラフト4位で東映フライヤーズに入団し、兄・正一と同じ背番号34を着けた。
入団1年目から直球とカーブを武器に18勝を挙げ、同年東京球場で開催されたオールスターゲームではパ・リーグの投手としてマウンドに上った留広がセ・リーグのメンバーとして打席に立った兄・正一と対戦するというオールスターならではの夢の対決が実現し、この勝負の結果は正一をセカンドフライに打ち取っている。

元プロ野球選手。 1946年(昭和21年)11月17日、生まれ。2018年(平成30年)10月2日、死去。 右投右打。愛知県出身。400勝投手・金田正一の弟。 愛知高等学校を卒業後、愛知学院大学に進学するも中退。 社会人野球の日本通運浦和を経て1969年(昭和44年)ドラフト4位で東映フライヤーズの投手として入団。入団1年目から先発ローテに入り18勝を挙げる*1。 1972年(昭和45年)、20勝を挙げ最多勝を獲得。 1974年(昭和49年)、兄の正一が監督を務めていたロッテオリオンズに移籍。16勝を挙げ最多勝と年間MVPを受賞した。 1979年(昭和54年)、広島東洋カープに移籍*2。 1982年(昭和57年)、現役引退。 (引用元 Hatena Keyword)