芸能人・経営者のおくやみ情報

安積澹泊(あさかたんぱく)

儒学者[日本]

(元文2年12月10日没)

1738年 1月29日 死去享年83歳

安積澹泊 - ウィキペディアより引用

安積 澹泊(あさか たんぱく、明暦2年11月13日 (旧暦) 11月13日(1656年12月28日) - 元文2年12月10日 (旧暦) 12月10日(1738年1月29日))は江戸時代中期の儒学者である。
諱は覚、字は子先、通称は覚兵衛、号は澹泊、澹泊斎、老圃、老圃常山、老牛など。

祖父の代からの水戸藩士の家に生まれる。
寛文5年(1665年)、江戸にて朱舜水の門下となり儒学を学ぶ。
水戸に帰ってから天和 (日本) 天和3年(1683年)、彰考館編修となり藩主・徳川光圀の命により『大日本史』の編纂を行う。
元禄6年(1693年)、彰考館総裁となる。
正徳 (日本) 正徳4年(1714年)、彰考館総裁を辞任するがその後も死の直前まで『大日本史』の執筆、校訂を続けた。

水戸藩士としての石高は300石。
享保18年(1733年)に致仕した。
明治35年(1902年)11月8日、明治政府より、贈正四位。

  • 題名
    安積澹泊のものがたり (錦正社叢書)
    著者
    梶山孝夫
    発売元
    錦正社
    発売日
    2015-01-07
    新品価格
    ¥ 972 より
    中古商品
    ¥ 1,972 より
  • 題名
    烈祖成績
    著者
    安積澹泊(覚)
    発売元
    徳川昭武
    発売日
    1878
    新品価格
    より
    中古商品
    より
  • 題名
    古文崇正抄
    著者
    発売元
    Kindleアーカイブ
    発売日
    新品価格
    より
    中古商品
    より

日本の江戸時代中期の儒学者。諱は覚。字は子先。通称は覚兵衛。号は澹泊、澹泊斎。晩年は老圃、老圃常山、老牛など。水戸藩出身。 時代劇「水戸黄門」に登場する渥美格之進のモデルとされている。 (引用元 Hatena Keyword)

「安積澹泊」と関連する人物(故人)