芸能人・経営者のおくやみ情報

榊原政敬(さかきばらまさたか)

越後高田藩主、藩知事、子爵[日本]

1927年 3月7日 死去享年83歳

榊原政敬 - ウィキペディアより引用

榊原 政敬(さかきばら まさたか、天保14年(1843年) - 昭和2年(1927年)3月7日)は江戸時代の大名、明治時代の藩知事、華族。
越後国 越後高田藩第6代で最後の藩主。
榊原家14代当主。

榊原政礼(3代藩主・榊原政令の三男)の長男。
正室は有馬温純の娘。
継室は前田慶寧の娘。
子は娘(伊藤忠寿室)、娘(榊原政和正室)、娘(榊原政和継室)。
兵部大輔、式部大輔。

弘化2年(1845年)2月4日 (旧暦) 2月4日生まれともされる。
文久元年(1861年)、先代藩主だった叔父・榊原政愛が死去し、家督を継ぐ。

慶応2年(1866年)の第二次長州征討では、彦根藩とともに芸州口の先鋒を命じられる。
しかし、旧式の軍装だったこともあり近代装備を備えた長州藩兵に敗れ、開幕以来の徳川氏 徳川家先鋒の面目を失った。

「榊原政敬」と関連する人物(故人)