芸能人・経営者のおくやみ情報

松永伍一 氏

詩人[日本]

2008年 3月3日 死去心不全享年78歳

松永 伍一(まつなが ごいち、1930年4月22日 - 2008年3月3日)は、詩人・評論家・作家。
来歴・人物 福岡県大木町出身。
八女高校卒。
1955年に詩集を刊行したが、評論を数多く上梓、「日本農民詩史」で1970年毎日出版文化賞特別賞を受賞した。
農民のほか、切支丹、落人など敗者、弱者への共感を叙情的に歌い上げる作風で知られる。
児童文学、美術関係の評論、いわさきちひろの画集編纂、五木寛之との対談、小説など多岐にわたる著述を残した。
『一揆論』は何度も復刊された。
著作集全6巻はその中途里程に過ぎない。
また、子守唄研究の第一人者としても知られ、子守唄に関する著書も多い。
2008年3月3日、心不全のため死去。
77歳没。
著書 草の城壁 詩集 母音社 1955 くまそ唄 詩集 国文社 1959 陽気な農民たち 未來社 1962 日本の子守唄 民俗学的アプローチ 紀伊国屋新書 1964 のち角川文庫 日本人の愛の唄 新興出版社 1964 望郷の詩 大和書房 1964 落人 人物往来社 1965 日本のナショナリズム 九州山脈にその源流を探る 大和書房 1965 底辺の美学 民衆の創造的エネルギーとその矛盾 大和書房 1966 若い手紙 新興出版社 1966 日本農民詩史 全5巻 法政大学出版局 1967-70 荘厳なる詩祭 死を賭けた青春の群像 徳間書店 1967 ひこ山のおに さ・え・ら書房 1970 うたの思想 定本 唄の救い・歌への挑戦 新人物往来社 1970 土着の仮面劇 田畑書店 1970 土塊のうた 新潮社 1970 一揆論 情念の叛乱と回路 大和書房 1971 のち講談社文庫 原初の闇へ 春秋社 1971 有明海 私の抒情空間 木耳社 1971 小さな修羅 大和書房 1972 松永伍一著作集 全6巻 法政大学出版局 1972-75 平家伝説 中公新書 1973 絶望の天使たち 芸術生活社 1974 高原の翳り 日本交通公社出版事業局 1974 純白の逆説 あるいは花の呪詞 花曜社 1974 農民詩紀行 昭和史に刻 ……

  • 題名
    子守唄名曲選
    歌手
    発売元
    日本子守唄協会
    発売日
    2007年6月01日
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 4,211 より

まつなが-ごいち 1930-2008昭和後期-平成時代の詩人,評論家。昭和5年4月22日生まれ。郷里の福岡県で中学校教師となる。昭和25年「九州文学」同人となり,農民詩運動をはじめる。29年第1詩集「青天井」を発表。32年上京,黒田喜夫らと「民族詩人」を創刊。45年「日本農民詩史」で毎日出版文化賞特別賞。平成20年3月3日死去。77歳。八女高卒。著作に「底辺の美学」「日本の子守唄」など。 (引用元 コトバンク)

「松永伍一」と関連する人物(故人)