芸能人・経営者のおくやみ情報

柳亭種彦

戯作者[日本]

(天保13年7月19日没)

1842年 8月24日 死去享年60歳

柳亭種彦 - ウィキペディアより引用

柳亭 種彦(りゅうてい たねひこ、天明3年5月12日(1783年6月11日)- 天保13年7月19日(1842年8月24日))は、江戸時代後期の戯作者。
長編合巻『偐紫田舎源氏』などで知られる。
生涯 江戸の本所に生まれ、間もなく御徒町へ移った。
幼名は主税、字は敬之。
食禄200俵の旗本の、一人っ子だった。
通称彦四郎、寛政8年(1796年)14歳のとき、父甚三郎が没し、家督を継ぎ、高屋彦四郎知久を名乗った。
食録二百俵。
別号、足薪翁、木卯、偐紫楼。
頑健ではなく、「文武」のうちの「文」にいそしみ、少年期から漢籍に通じた。
歌舞伎、浄瑠璃を好み、それらの脚本を収集し研究し、井原西鶴・近松門左衛門に傾倒した。
狂歌を、はじめ唐衣橘洲に、次いで宿屋飯盛こと石川雅望に学んだ。
雅望は国学の師でもあった。
川柳の、三世川柳(1776 - 1827)の社中に入った。
さらに、23歳のころに妻とした勝子は、国学者加藤美樹の孫で、加藤家の蔵書を自由に読めるようになった。
俳書を集め、漢画を習ったことも、のちの出版に役立った。
凝り性で詮索好きの、学究肌だった。
狂歌の狂名は、はじめ『柳の風成』、のちに『心の種俊』。

りゅうていたねひこ [生]天明3(1783).5.12.江戸[没]天保13(1842).7.19.江戸江戸時代後期の合巻(ごうかん)作者。本名,高屋彦四郎知久。号,偐紫楼(げんしろう)。旗本小普請組二百俵取りの武士。若い頃から芝居を好み,声色が巧みであった。文化4(1807)年に読本の創作を始めたが成功せず,同8年に合巻に筆を染めて以来本領を発揮,合巻界の第一人者となった。同12年初編刊の『正本製(しょうほんじたて)』は芝居の世界を巧みに描写した合巻として人気を博した。『偐紫(にせむらさき)田舎源氏』は,『源氏物語』を大奥の世界になぞらえたもので,歌川国貞の華麗な挿絵とともに大好評を得,文政12(29)年から天保13(42)年まで38編を連ねたが,幕府のとがめにあい絶版。一説に春本『春情妓談水揚帳』の執筆をも,あわせとがめられたために自殺したとされる。考証にもすぐれ,随筆『還魂紙料(すきかえし)』(26),『用捨箱』(41)などがあり,また書籍の収集にも熱心で『好色本目録』(30~44頃)などの著がある。 (引用元 コトバンク)