芸能人・経営者のおくやみ情報

山口蓬春 氏(やまぐちほうしゅん)

日本画家[日本]

1971年 5月31日 死去享年77歳

山口 蓬春(やまぐち ほうしゅん、1893年10月15日 - 1971年5月31日)は、日本画家。
北海道松前郡松城町(現・松前町)生まれ。
本名、三郎。
1913年に東京・高輪中学校を卒業後、東京美術学校(現・東京芸術大学)に進学。
松岡映丘に師事し、大和絵を習得。
23年卒業、1924年新興大和絵会に参加する。
26年帝国美術院賞受賞。
29年帝展審査員。
50年日展運営会参事、日本芸術院会員、54年日展運営会理事、58年日展常務理事、1965年文化勲章受章、文化功労者。
69年日展顧問。
画風は西欧絵画の日本的表現と見られる。
著書など 新日本画風景の第一歩 アトリヱ叢書 アトリヱ社 1932 現代名家素描集 第1輯 山口蓬春自選 植物篇 芸艸堂 1940 新日本画の技法 美術出版社 1951 山口蓬春自撰画集 日本美術新報社 1959 山口蓬春自選展図録 三彩社 1963 山口蓬春作品集 朝日新聞社 1973 現代日本の美術 3 鏑木清方・山口蓬春 座右宝刊行会編 集英社 1976 山口蓬春素描集 JR東海生涯学習財団 2003 山口蓬春日記 第1-3巻 山口蓬春記念館 2004-08 関連人物 加藤東一 - 弟子 佐藤圀夫 - 弟子 三尾彰藍 - 弟子 外部リンク 山口蓬春記念館。

日本画家。北海道生。名は三郎。東美校卒。松岡映丘に師事し、新興大和絵の有力作家となる。また中村岳陵・福田平八郎らと六潮会を創る。戦後は、日展の指導的立場として活躍、画風は大和絵の古典的情趣からしだいに脱皮し、伝統的花鳥画に洋風表現を加味して日本画のモダニズム化に大きな功績を残した。芸術院会員。文化功労者。文化勲章受章。昭和46年(1971)歿、77才。 (引用元 コトバンク)