芸能人・経営者のおくやみ情報

高橋泥舟(たかはしでいしゅう)

幕臣、剣術家[日本]

(「幕末三舟」のひとり)

1903年 2月13日 死去享年69歳

高橋泥舟 - ウィキペディアより引用

高橋 泥舟(たかはし でいしゅう、天保6年2月17日(1835年3月15日) - 明治36年(1903年)2月13日)は、日本の武士・幕臣。
生涯 江戸において、旗本・山岡正業の次男として生まれる。
幼名を謙三郎。
後に精一郎。
通称:精一。
諱は政晃。
号を忍歳といい、泥舟は後年の号である。
母方を継いで高橋包承の養子となる。
生家の山岡家は槍の自得院流(忍心流)の名家で、精妙を謳われた長兄・山岡静山に就いて槍を修行、海内無双、神業に達したとの評を得るまでになる。
生家の男子がみな他家へ出た後で静山が27歳で早世、山岡家に残る英子の婿養子に迎えた門人の小野鉄太郎が後の山岡鉄舟で、泥舟の義弟にあたる。
安政3年(1856年) 講武所槍術教授方出役 万延元年(1860年) 槍術師範役 文久2年(1862年) 新徴組結成。
取締責任者 文久3年(1863年) 一橋慶喜(徳川慶喜)に随行して上京。
従五位下伊勢守を叙任 慶応2年(1866年) 新設の遊撃隊頭取。
槍術教授頭取を兼任 慶応4年(1868年) 幕府が鳥羽・伏見の戦い敗戦後、帰京した徳川慶喜に恭順を説く 2月12日(3月5日) 江戸城から上野東叡山に退去する慶喜を護衛 4月11日(5月3日) 江戸城開城。

1835年〜1903年。 幕末期の幕臣。勝海舟らとともに幕末の三舟と呼ばれていた。幕府時代は遊撃隊頭取や槍術教授頭取を兼任。大政奉還後は地方奉行などを務め、廃藩置県後は職を辞して東京に隠棲し、書画骨董の鑑定などで後半生を送った。 (引用元 Hatena Keyword)