芸能人・経営者のおくやみ情報

華岡青洲(はなおかせいしゅう)

医師・外科医[日本]

(天保6年10月2日没)

1835年 11月21日 死去享年76歳

華岡青洲 - ウィキペディアより引用

華岡 青洲(はなおか せいしゅう、宝暦10年10月23日(1760年11月30日) - 天保6年10月2日(1835年11月21日))は、江戸時代の外科医。
記録に残るものとして、世界で初めて全身麻酔を用いた手術(乳癌手術)を成功させた。
諱は震(ふるう)。
字は伯行。
通称は雲平。
号は青洲、随賢。
随賢は祖父・華岡尚政の代から華岡家の当主が名乗っている号で、青洲はその3代目である。
生涯 宝暦10年10月23日(1760年11月30日)、華岡直道の長男として紀伊国那賀郡名手荘西野山村(現・和歌山県紀の川市西野山)に生まれる。
天明2年(1782年)より京都に出て、吉益南涯に古医方を3ヶ月学ぶ。
続いて大和見水にカスパル流外科(オランダ商館のドイツ人医師カスパル・シャムベルゲルが慶安3年(1650年)- 慶安4年(1651年)に日本に伝えた外科技術)を1年学ぶ。
さらに見水の師・伊良子道牛が確立した「伊良子流外科」(古来の東洋医学とオランダ式外科学の折衷医術)を学んだ。
その後も長く京都に留まり、医学書や医療器具を買い集めた。
その中でも特に影響を受けたのが永富独嘯庵の『漫遊雑記』であった。

  • 題名
    加恵~華岡青洲の妻~
    歌手
    発売元
    ビクターエンタテインメント
    発売日
    2010年4月21日
    新品価格
    ¥ 1,431 より
    中古商品
    ¥ 1 より
  • 題名
    医聖・華岡青洲
    歌手
    発売元
    キングレコード
    発売日
    2004年8月25日
    新品価格
    より
    中古商品
    より
  • 題名
    関西夢空港
    歌手
    発売元
    ビクターエンタテインメント
    発売日
    1996年9月21日
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 460 より

江戸後期の医師。紀伊の人。(1760-1835) 名は震。古医方および蘭方を学ぶ。 江戸時代の外科医師 医。日本で初めて乳癌の麻酔手術を行なった。1760年(宝暦10年)に紀伊国(後の和歌山県那賀郡 (和歌山県) 那賀郡那賀町 (和歌山県) 那賀町平山、現在の紀の川市平山)に生まれる。 (引用元 Hatena Keyword)

「華岡青洲」と関連する人物(故人)