芸能人・経営者のおくやみ情報

中江兆民(なかえちょうみん)

啓蒙思想家、ジャーナリスト政治家[日本]

1901年 12月13日 死去喉頭がん享年55歳

中江兆民 - ウィキペディアより引用

中江 兆民(なかえ ちょうみん、弘化4年11月1日(1847年12月8日) - 明治34年(1901年)12月13日)は、日本の思想家、ジャーナリスト、政治家(衆議院議員)。
フランスの思想家ジャン=ジャック・ルソーを日本へ紹介して自由民権運動の理論的指導者となった事で知られ、東洋のルソーと評される。
衆議院当選1回、第1回衆議院議員総選挙当選者の一人。
兆民は号で、「億兆の民」の意味。
「秋水」とも名乗り、弟子の幸徳秋水(伝次郎)に譲り渡している。
また、他の号に青陵、木強生がある。
名は篤介(とくすけ、篤助)。
幼名は竹馬。
生涯 誕生と修学 高知城下の土佐郡北街山田町に生まれる。
文久元年(1861年)2月に父が死去し、5月には家督を相続して足軽身分となる。
文久2年(1862年)には藩校の文武館開校と同時に入門し、細川潤次郎、萩原三圭らの門下で学ぶ。
外国語なども学び、慶応元年(1865年)9月には、藩が派遣する留学生として長崎へ赴く。
このころ郷土の先輩である坂本龍馬と出会っている。
龍馬に頼まれてたばこを買いに走った、などの逸話を残している。

自由民権思想家。高知生。幼名は竹馬・篤介、別号に秋水・南海仙漁等。藩校で漢学・長崎・江戸で仏学を学び、仏に留学。帰国後、東京で仏学塾を開業、外国語学校校長を務めたが辞職。『東洋自由新聞』を主筆し、ルソー『民約訳解』翻訳刊行等により自由民権運動に人民主権の理論を提供し“東洋のルソー”といわれた。門人に幸徳秋水らがいる。主な著は『三酔人経論問答』『一年有半』等。明治34年(1901)歿、54才。 (引用元 コトバンク)