芸能人・経営者のおくやみ情報

山本清一 氏(やまもときよかず)

瓦工事技術者、山本瓦工業会長[日本]

(東大寺大仏殿、姫路城などの修理に棟梁として携わる)

2018年 12月12日 死去胃がん享年87歳

山本清一(やまもと きよかず、1932年(昭和7年)11月1日 - )は、瓦工事技術者、日本伝統瓦技術保存会会長で奈良県生駒市に生まれる。
父は瓦を葺く職人で清一は尋常高等小学校卒業後に職人になり21歳まで父の下で仕事をする。
その後、文化財の瓦葺きの棟梁の井上新太郎のもとで修行し、26歳で独立した。
東大寺大仏殿や法隆寺金堂など多くの伝統的な建築物の復元、再建に取り組む。
1960年昭和35年、28歳で姫路城昭和大修理の瓦工事の棟梁が辞め次の棟梁に抜擢され務める。
1963年昭和38年、31歳で会社組織化し山本瓦工業株式会社を設立する。
2000年平成12年に従来の瓦の問題点を解決した南都瓦を開発し特許取得する。
1994年(平成6年)には文部大臣より、選定保存技術保持者「屋根瓦葺(本瓦葺)」に認定される。
1998年平成10年には労働大臣卓越技能者表彰、さらに、2001年(平成13年)には黄綬褒章、2007年、平成19年には旭日双光章を受章する。

「山本清一」と関連する人物(故人)