芸能人・経営者のおくやみ情報

平田郷陽 氏(ひらたごうよう)

人形作家・二代目[日本]

1981年 3月23日 死去享年78歳

平田郷陽(ひらた ごうよう、1903年(明治36年)11月25日 - 1981年(昭和56年)3月23日)は、日本の人形作家。
重要無形文化財保持者(人間国宝)。
衣裳人形の第一人者で、木目込みの技法を用いた衣裳人形を多数手掛ける。
本名、恒雄。
東京生まれ。
14歳の時、人形師の初代 安本亀八の門弟であった父のもとで人形製作の修行を始め、「活人形(生き人形)」の製作技法を習得した。
1924年(大正13年)父の跡を継ぎ二代郷陽を襲名、日本人形の制作者となり端正なリアリズムをもつ人形を製作するようになる。
1927年(昭和2年)の青い目の人形の答礼人形として市松人形も製作した。
当時人形は芸術と認められていなかったため、1928年(昭和3年)から創作人形を目指す同志と白沢会を結成、1935年(昭和10)には日本人形社を起こす。
翌1936年には同士6人とともに第1回帝展に入選、以来帝展、文展、日展等で活躍する。
日本政府の依頼でベルギーやフランスでの万国博覧会に衣裳人形を出品。
1955年(昭和30)2月15日、重要無形文化財「衣裳人形」保持者に認定される。

ひらたごうよう(1903―1981) 本名恒雄(つねお)。東京・浅草生まれ。日本人形作家。生き人形の名人、安本亀八の高弟である初代郷陽の長男で、父親から写実風の人形製作を習得。1927年(昭和2)日米親善人形使節交換の際、少女人形競作で全国第一位となり名をあげた。人形芸術向上運動に尽くし、36年帝国美術院展覧会(帝展、後の日展)初入選。浮世人形ともよばれる衣装人形製作で知られ、54年(昭和29)日展審査員、55年重要無形文化財保持者に認定された。[斎藤良輔] (引用元 コトバンク)