芸能人・経営者のおくやみ情報

文英清韓

臨済宗の[日本]

(元和7年3月25日没)

1621年 5月16日 死去

文英清韓(ぶんえいせいかん、永禄11年(1568年)- 元和7年3月25日(1621年5月16日))は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての臨済宗の僧。
伊勢国の出身で、俗名は中尾重忠。
諱は清韓。
「文英」は字。
号は不放子。
出家した後、文禄の役では祐筆として加藤清正に従い朝鮮半島に渡った。
慶長5年(1600年)に京都東福寺の長老となり、その後南禅寺の長老となった。
漢詩文に秀で、慶長19年(1614年)4月、片桐且元に命じられ京都方広寺大仏殿の再建工事において梵鐘の銘文を起草したが、この銘文に不吉な語句があることを徳川家康は問題視し、大仏開眼供養の中止を求めた(方広寺鐘銘事件)。
同年8月には且元に同行して駿府へ弁明に向かい、清韓自身は家康の諱を祝意として「かくし題」とした意識的な撰文である(「国家安康と申し候は、御名乗りの字をかくし題にいれ、縁語をとりて申す也」)と弁明しているが、、五山の僧の答申はいずれも当時の諱の扱いに対する常識や礼儀として、問題視し、諱を避けなかったことについて五山僧から非難されている。

臨済宗の僧。 生年不明。元和7年3月25日(1621年5月16日)、死去。 (引用元 Hatena Keyword)

「文英清韓」と関連する人物(故人)