芸能人・経営者のおくやみ情報

司馬江漢(しばこうかん)

絵師浮世絵師蘭学者[日本]

(別名・鈴木春重、文政元年10月21日没)

1818年 11月19日 死去享年72歳

司馬江漢 - ウィキペディアより引用

司馬 江漢(しば こうかん、延享4年(1747年) - 文政元年10月21日(1818年11月19日))は、江戸時代の絵師、蘭学者。
浮世絵師の鈴木春重(すずき はるしげ)は同一人物。
本名は安藤峻。
俗称は勝三郎、後に孫太夫。
字は君嶽、君岡、司馬氏を称した。
また、春波楼、桃言、無言道人、西洋道人と号す。
司馬江漢は延享4年(1747年)江戸の町家に生まれた。
江漢が長く住んだのは、芝新銭座(現在の港区東新橋2丁目)である。
司馬江漢の性は、芝新銭座に因むものである。
生まれつき自負心が強く、好奇心旺盛な彼は絵を好み、一芸を持って身を立て、後世に名を残そうと考えていた。
宝暦11年(1761年)15歳の時父の死を切っ掛けに、表絵師の駿河台狩野派の狩野洞春(美信)に学ぶ。
しかし次第に狩野派の画法に飽きたらなくなり、19歳のころ紫石と交流のあった鈴木春信にも学んで浮世絵師となり、錦絵の版下を描いた。
明和半ば頃、25歳のころおそらく平賀源内の紹介で西洋画法にも通じた宋紫石の門に入る(源内が書いた「物類品隲」の中で宋紫石のヨーロッパ的リアリズムにいたく感嘆する)。

江戸後期の画家。江戸生。本姓は安藤のち上田。名は峻、通称は勝三郎・吉次郎、字は君嶽、別号に春波楼・西洋道人等がある。狩野古信に学び、さらに鈴木春信に浮世絵を、のち宋紫石から南蘋派を学ぶ。また平賀源内の影響を受けて小田野直武より西洋画法を学び、腐蝕銅版画の製法を修得して日本最初の銅版画を創始する。さらに油彩画も制作、西洋画法による日本風景図を確立した。晩年は西洋科学の紹介者としても活躍。著に『春波楼筆記』等。文政元年(1818)歿、81才。 (引用元 コトバンク)