芸能人・経営者のおくやみ情報

青葉笙子 氏

歌手[日本]

2012年 2月28日 死去老衰享年93歳

青葉笙子 - ウィキペディアより引用

青葉 笙子(あおば しょうこ、1918年(大正7年)3月21日 - 2012年2月28日)は、昭和時代に活躍した歌手。
「鴛鴦道中」などで知られる。
本名は小野寺 貞子(おのでら ていこ)。
宮城県仙台市の裕福な家庭に生まれる。
幼い頃に母を亡くし、祖父母に育てられる。
実家にあった蓄音機から流れる流行歌の世界に憧れるようになり、特に後の恩師となる関種子の歌う「嘆きの夜曲」を聞き、歌手を志すようになる。
1936年(昭和11年)、日本コロムビアが松竹とタイアップして、音丸の「下田夜曲」の宣伝のために開催した歌謡コンクールに応募し、優勝した。
このコンクールには、後に活躍する若き日の岡晴夫や近江俊郎の姿もあったが、女性の歌であったためかいずれも落選している。
優勝した青葉は小野寺貞子の本名で、コロムビアの廉価盤であったリーガルレコードから同年7月に「月の枯尾花」でデビューした。
ちなみに小野寺時代の「愛してよ」は昭和初期に流行した「思い直して頂戴な」の替歌である。
数曲を吹き込むが、作曲家レイモンド服部(服部逸郎)から、「コロムビアには偉い歌手が多過ぎる。

「青葉笙子」と関連する人物(故人)