芸能人・経営者のおくやみ情報

モーリス・アンドレ 氏

トランペット奏者[フランス]

2012年 2月25日 死去享年78歳

モーリス・アンドレ - ウィキペディアより引用

モーリス・アンドレ(Maurice André, 1933年5月21日 - 2012年2月25日)は、フランスのトランペット奏者。
セヴェンヌ近郊アレスの出身。
アマチュア音楽家の家庭に生まれる。
父親の友人レオン・バルテルミーにトランペットの手ほどきを受け、パリ音楽院に進むように奨められるが、入学許可証を得るため、軍楽隊に加わった。
音楽院では、レイモン・サバリッチの薫陶を受け、在学1年目にコルネットで、2年目にトランペットで首席となる。
音楽院では、ある教員よりうまく演奏することができたため、鬱憤を募らせたその教員に殴られ、帰郷を命ぜられたこともあった。
それから数週間後に、アルバンの著書に載っている全14曲の練習曲を、ミスなしで演奏し切った。
卒業の翌年、パリ国際音楽コンクールで見事優勝をとげる。
1955年にジュネーヴ国際音楽コンクールにて優勝すると、1963年にもミュンヘン国際音楽コンクールにて優勝した。
流麗で優美な演奏は、多くの金管楽器奏者を触発した。
テレマン、バッハ、ハイドン、フンメルらのトランペットのための協奏曲の録音は、これらの作品の再評価に大きな力があったといってよい。