芸能人・経営者のおくやみ情報

河合隼雄 氏

元文化庁長官[日本]

2007年 7月19日 死去脳梗塞享年79歳

河合隼雄 - ウィキペディアより引用

河合 隼雄(かわい はやお、1928年〈昭和3年〉6月23日 - 2007年〈平成19年〉7月19日)は、日本の心理学者。
京都大学名誉教授、国際日本文化研究センター名誉教授。
文化功労者。
元文化庁長官。
専門は分析心理学(ユング心理学)、臨床心理学、日本文化。
学位は博士(教育学)。
兵庫県多紀郡篠山町(現・篠山市)出身。
日本人として初めてユング研究所にてユング派分析家の資格を取得し、日本における分析心理学の普及・実践に貢献した。
また、箱庭療法を日本へ初めて導入した。
臨床心理学・分析心理学の立場から1988年に日本臨床心理士資格認定協会を設立し、臨床心理士の資格整備にも貢献した。
霊長類学者の河合雅雄は兄(三男)である。
来歴・人物 大学卒業から米国留学まで 旧制神戸工業専門学校を経て、1952年京都大学理学部数学科を卒業。
京都大学大学院に籍を置き、心理学を学びつつ数学の高校教諭として3年間勤務。
河合はロールシャッハテストから徐々に心理学に入っていき、ロールシャッハが彼の心理学の土台を築く上で大きな役割を果たしている。

かわいはやお [生]1928.6.23.兵庫,篠山[没]2007.7.19.奈良,天理臨床心理学者,元文化庁長官。1952年京都大学理学部数学科を卒業。同大大学院に籍を置きながら高校教諭として3年間勤める。大学院では心理学を学び,1959年カリフォルニア大学に留学。続いて1962年から3年間スイスのユング研究所で学び,日本人初のユング派分析家の資格を取得する。帰国後,天理大学教授,京都大学助教授を経て1975年京都大学教授。日本でドラ・カルフの箱庭療法を実践し,ユング派心理療法(→精神療法)の普及に努めた。1985年に日本心理臨床学会を設立,初代理事長に就任。1987年から国際日本文化研究センター教授を併任,1995年に同センター長となった。文学,宗教など幅広い分野で活躍し,1982年に『昔話と日本人の心』で大佛次郎賞,1988年には『明恵夢を生きる』で新潮学芸賞を受けた。2000年に文化功労者に選ばれ,2002年には民間人として3人目の文化庁長官に就任した。(→ユング) (引用元 コトバンク)