芸能人・経営者のおくやみ情報

佐々木守 氏

脚本家[日本]

2006年 2月24日 死去膵臓がん享年69歳

佐々木 守(ささき まもる、1936年9月13日 - 2006年2月24日)は日本の脚本家、放送作家、漫画原作者。
石川県能美市(旧根上町)出身、石川県立小松高等学校、明治大学文学部日本文学科卒業。
明治大学では児童文学研究部に所属し」、鳥越信、古田足日、山中恒、神宮輝夫らの児童文学研究誌「小さい仲間」の同人となる。
その頃に書いた「児童文学における近代性への疑問 -- 児童文学者の戦争責任」(『小さい仲間』26号)「新美南吉『おじいさんのランプ』論」(『日本児童文学』通巻45号)などで注目をあびた。
1955年、大学二年の際に「砂川闘争」に参加する。
大学四年の時から教育映画作家協会 (現:日本記録映画作家協会)の機関誌「記録映画」の編集者をつとめ、大島渚、松本俊夫らと知り合う。
1958年に大学を卒業するが就職はせず。
米軍統治下の沖縄に行き、人形劇を上演する。
1960年にTBSラジオのコント番組のライターとなる。
1961年に「小さい仲間」で知り合った佐野美津男との合作『少年ロケット部隊』でラジオドラマにデビュー。

脚本家、放送作家、マンガ原作者。昭和11年石川県生まれ。明治大学文学部日本文学科卒。2006年2月24日、内臓疾患で死去、69歳。 大島渚作品の脚本でスタート。主な仕事に、テレビ番組「ウルトラマン」「怪奇大作戦」「柔道一直線」「七人の刑事」の脚本、「男どアホウ甲子園」(画/水島新司)の原作、「知ってるつもり」の監修等。 職人的な作品の一方で、古代史や反天皇制にこだわった特異な脚本も多く、現在もカルト的な人気を持つ。 「ウルトラマン」「怪奇大作戦」では、特に、実相寺昭雄監督とのコンビ作が傑作として評価が高い。 (引用元 Hatena Keyword)