芸能人・経営者のおくやみ情報

黒田長久 氏(くろだながひさ)

鳥類学者[日本]

(日本野鳥の会名誉会長)

2009年 2月26日 死去急性腎不全享年94歳

黒田 長久(くろだ ながひさ、1916年11月23日 - 2009年2月26日)は日本の鳥類学者、軍人、外務官僚。
侯爵で鳥類学者だった黒田長礼の長男。
母は閑院宮載仁親王二女・茂子女王。
妻は侯爵、海軍中将の醍醐忠重の娘、和子。
黒田長政から数えて福岡黒田家15代目の当主である。
今上天皇ははとこに当たる。
同じ鳥類学者である山階芳麿は義理の従兄弟でもある。
父と同じく日本鳥学会会長を務めた。
生涯 幼時より父に鳥への関心を育まれる。
学習院高等科を経て、1937年、東京帝国大学理学部動物学科に入学し、鎌田武雄教授に師事。
卒業後は外務省に入るが半年で徴兵され、5年間近衛師団で過ごし陸軍中尉となった。
伝書鳩を扱う鳩班長をやっていたという。
1946年11月、GHQ水産局野生生物課長として日本に赴任した鳥類学者オースティンと出会い、1947年から2年半、オースティンのもとで技術顧問・通訳・翻訳者として勤務。
1951年、米軍第406医学総合研究所の鳥学課に転じ、鳥類学者マックルールのもとで、渡り鳥の持つ日本脳炎ウィルスの抗体調査をおこなう。

「黒田長久」と関連する人物(故人)