芸能人・経営者のおくやみ情報

小島貞博 氏(こじまさだひろ)

日本中央競馬会調教師、元騎手[日本]

2012年 1月23日 死去自殺享年62歳

小島貞博 - ウィキペディアより引用

小島 貞博(こじま さだひろ、1951年11月10日 - 2012年1月23日)は、日本中央競馬会 (JRA) に所属した騎手、調教師。
騎手時代の主な騎乗馬に、1982年の最優秀障害馬キングスポイント、1992年のクラシック二冠を制したミホノブルボン、1994年の優駿牝馬(オークス)優勝馬チョウカイキャロル、1995年の東京優駿(日本ダービー)優勝馬タヤスツヨシなどがいる。
騎手通算4722戦495勝。
戦後デビューの騎手の内、平地・障害それぞれの最高級競走である日本ダービーと中山大障害で2勝ずつを挙げている唯一の騎手である。
2003年より調教師として栗東トレーニングセンターに厩舎を開業。
2005年の中山大障害に優勝し、同年の最優秀障害馬に選出されたテイエムドラゴンなどを管理したが、在職中の2012年1月23日に厩舎内で自殺した。
少年期 1951年、北海道新冠町にサラリーマン家庭の長男として生まれる。
父親は放蕩癖があり家に寄りつかず、実母も早くに亡くしたため、弟妹の支えとなるため小学校中学年の頃には牛乳配達のアルバイトをして家計を助けていた。

小島 貞博氏(こじま・さだひろ=日本中央競馬会調教師、元騎手)23日午後6時36分、滋賀県栗東市内の病院で死去、60歳。北海道出身。 71年騎手デビュー。92年、ミホノブルボンで皐月賞と日本ダービーのクラシック2冠。94年にチョウカイキャロルでオークス、95年にタヤスツヨシで再び日本ダービーを制覇。01年の引退まで重賞27勝を含む通算495勝を挙げた。調教師としてはテイエムドラゴンなどで重賞5勝。

JRA調教師。元騎手。栗東トレーニングセンター所属。 1951年11月10日生まれ、2012年1月23日没。1971年初騎乗。騎手時代は1993年の厩舎解散まで戸山為夫厩舎に所属し、ミホノブルボンとのコンビで二冠を制した。またキングスポイントの障害時代全戦の手綱を取り、中山大障害を2度制した。厩舎解散後は1997年までフリー。兄弟子にあたる鶴留明雄厩舎のチョウカイキャロルで優駿牝馬、タヤスツヨシで2度目のダービージョッキーに。JRA通算495勝(うち障害68勝)重賞27勝。調教師としてはテイエムドラゴンを育て、JRA賞最優秀障害馬を獲得している。 2012年1月23日、首を吊った状態で発見され、滋賀県栗東市内の病院で死去。60歳没。自殺したとみられる。 (引用元 Hatena Keyword)

「小島貞博」と関連する人物(故人)