芸能人・経営者のおくやみ情報

光緒帝

清朝第11代皇帝[清]

(光緒34年10月21日没)

1908年 11月14日 死去享年歳

光緒帝 - ウィキペディアより引用

光緒帝(こうしょてい、こうちょてい)は清の第11代皇帝である(在位:1875年 - 1908年)。
諱は載湉(湉はさんずいに恬)。
廟号は徳宗(とくそう)。
在世時の元号の光緒を取って光緒帝と呼ばれる。
生涯 道光帝の第7子醇親王奕譞の第2子として生まれる。
母は西太后の妹である。
従兄の同治帝が早世した後に権力保持を狙う伯母の西太后によって擁立された。
即位したのは3歳の時であり、当然実権は西太后が握り垂簾聴政が行われた。
当初は東太后や伯父の恭親王奕訢も政権を担ったが、光緒7年(1881年)に東太后が急死、光緒10年(1884年)に恭親王が西太后に失脚させられると西太后が事実上政権の首班になった。
同治帝の頃からあった清の衰退は光緒帝の治世でも続き、同治10年(1871年)の新疆で勃発したヤクブ・ベクの乱の最中に起こったロシアのイリ占拠、光緒元年(1875年)の日本による朝鮮の干渉(江華島事件)、光緒5年(1879年)の日本の琉球併合(琉球処分)、光緒11年(1885年)の清仏戦争によるベトナムへの影響力喪失などが挙げられる。

こうちょていGuang-xu-di;Kuang-hsü-ti [生]同治10(1871).6.28.北京[没]光緒34(1908).10.21.北京中国,清朝の第11代皇帝(在位1875~1908),徳宗。名は載てん(さいてん)。父は咸豊帝の弟の醇親王奕けん,母は西太后の妹。西太后の力で,光緒1(1875)年,4歳で即位。西太后が摂政となり,同13年から親政を開始したが,実権は依然西太后が掌握していた。同24年,康有為らを用いて帝権回復と立憲君主制への転換をはかったが失敗し,宮城内に幽閉され(→戊戌の変法),以後は完全に西太后のロボットと化し,西太后の死の前日に没した。 (引用元 コトバンク)