芸能人・経営者のおくやみ情報

鍵田忠兵衛 氏

政治家、自民党元衆院議員、元奈良市長[日本]

2011年 12月16日 死去脳溢血享年54歳

鍵田 忠兵衛(かぎた ちゅうべえ、1957年8月6日 - 2011年12月16日)は、日本の政治家。
奈良県議会議員、奈良市長、衆議院議員(自由民主党所属)を歴任。
剣道、長谷川英信流居合を修行し、宝蔵院流槍術第20世宗家でもある。
奈良市長、衆議院議員を1期務めた鍵田忠三郎の次男。
1976年 3月 - 奈良育英高等学校を卒業。
4月 - 国士舘大学政経学部へ入学。
1980年 3月 - 同大学を卒業。
4月 - 近鉄百貨店へ入社。
1983年 3月 - 鍵田忠三郎事務所に入所。
12月 - 衆議院議員に当選した父、鍵田忠三郎の公設秘書となる。
1987年9月 - 中曽根康弘の私設秘書となる。
1989年11月 - 父、忠三郎の秘書となる。
1995年4月 - 奈良県議会議員選挙に当選。
以来、県議を3期9年務める。
2004年9月5日 - 奈良市長選挙に大川靖則市長の対立候補として無所属で立候補し当選。
2005年 6月24日 - 奈良市長辞職。
7月31日 - 奈良市長選挙で落選。
9月11日 - 第44回衆議院議員総選挙で自民党から出馬し、当選。

鍵田 忠兵衛氏(かぎた・ちゅうべえ=自民党元衆院議員、元奈良市長)16日午前、脳いっ血のため滞在先の韓国・済州島で死去、54歳。奈良市出身。自宅は同市北御門町20の1。葬儀は19日午前11時から同市佐保台1の3574の4、ならやま会館で。喪主は妻美智子(みちこ)さん。 中曽根康弘元首相の秘書などを経て、2004年から奈良市長に。05年衆院選で当選(比例代表近畿ブロック)後、09年に奈良市長選に立候補したが、落選。11年4月に奈良県議選で当選した。(2011/12/16-18:09)

日本の政治家。1957年8月6日生まれ。奈良県奈良市出身。国士舘大学政経学部卒業。 大学卒業後は近鉄百貨店に入社。その後、父で衆議院議員だった鍵田忠三郎の公設秘書などを経て政治家に転身。奈良県議会議員、衆議院議員、奈良市長などを歴任した。国会議員時代は自由民主党に所属していた。 宝蔵院流槍術の第二十世宗家の他、剣道、長谷川英信流居合も修業する武道家の顔もある。 (引用元 Hatena Keyword)

「鍵田忠兵衛」と関連する人物(故人)