芸能人・経営者のおくやみ情報

浜口陽三 氏(はまぐちようぞう)

画家[日本]

2000年 12月25日 死去享年92歳

浜口陽三 - ウィキペディアより引用

浜口 陽三(はまぐち ようぞう、1909年4月5日 - 2000年12月25日)は、和歌山県出身の版画家。
銅版画の一種であるメゾチントを復興し、カラーメゾチント技法の開拓者となった。
葉巻の愛好家。
同じく版画家の南桂子は妻。
浜口は1909年(明治42年)、和歌山県に生まれた。
浜口家は代々「儀兵衛」を名乗るヤマサ醤油の創業家であり、陽三は10代目浜口儀兵衛の三男に当たる。
また、陽三の妻である南桂子も版画家である。
浜口は東京美術学校(現・東京藝術大学)では彫刻を専攻したが、2年で退学しパリへ渡航した。
パリ滞在中の1937年(昭和12年)頃からドライポイント(銅板に直接針で図柄を描く、銅版画技法の一種)の制作を試み、版画家への一歩を記し始めた。
戦時色の濃くなる中、1939年(昭和14年)に日本に帰国。
自由美術家協会に創立会員として参加するが、戦時下にはなかなか作品発表の場が無かった。
1942年(昭和17年)には経済視察団の通訳として仏領インドシナ(ベトナム)に渡航し、1945年(昭和20年)帰国している。

版画家。明治42年(1909)千葉生。東美校を梅原龍三郎の助言で中退し渡仏、サロン=ドートンヌ、サロン=デザンデパンダンなどに出品。昭和12年自由美術家協会創立に参加。戦後本格的に銅版画制作を開始する。28年日本銅版画協会結成。29年サロン=ドートンヌ会員。現代日本美術展・国際版画ビエンナーレ展ほか、国内外で多数受賞。59年にはサラエボ冬季五輪記念ポスターに「さくらんぼと青い鉢」が採用された。サンフランシスコ住。 (引用元 コトバンク)

「浜口陽三」と関連する人物(故人)