芸能人・経営者のおくやみ情報

冬柴鉄三 氏(ふゆしばてつぞう)

政治家、元公明党幹事長[日本]

2011年 12月5日 死去肺炎享年75歳

冬柴鉄三 - ウィキペディアより引用

『冬柴鐵三』より : 冬柴 鐵三(ふゆしば てつぞう、1936年〈昭和11年〉6月29日 - 2011年〈平成23年〉12月5日)は、日本の弁護士、政治家。
報道などでは冬柴 鉄三(ふゆしば てつぞう)とも表記される。
本人サイトや選挙公報などでは冬しば 鉄三(ふゆしば てつぞう)とも表記された。
衆議院議員(7期)、公明党幹事長、国土交通大臣(第7・8代)、公明党常任顧問などを歴任した。
1936年、満洲国の奉天省奉天市に生まれる。
関西大学二部法学部法律学科を卒業後、司法試験に合格し弁護士となった。
1986年、第38回衆議院議員総選挙にて当選し、以降連続7回当選した。
創価学会員であり、国会では公明党に所属した。
細川内閣では自治政務次官に就任した。
その後、公明新党を経て新進党に合流し、同党の解党後は新党平和を経て公明党の結党に参加した。
その間、新党平和幹事長や公明党幹事長を務めた。
第1次安倍内閣および第1次安倍改造内閣では国土交通大臣を務めるとともに国務大臣として観光立国と海洋政策を担当し、福田康夫内閣でも再任された。

元公明党幹事長の冬柴鉄三(ふゆしば・てつぞう)元衆院議員が5日夜、肺炎のため、兵庫県尼崎市内の病院で死去した。75歳だった。中国・瀋陽(旧奉天)生まれ。6日に通夜、7日に告別式を親族のみで執り行う。 1960年に関西大を卒業後、弁護士を開業。86年の衆院選に旧兵庫2区から出馬し初当選、以後連続7期当選した。93年、非自民連立の細川内閣で自治政務次官に就任。98年には、旧新進党解党に伴い公明党系衆院議員で結成された新党平和の幹事長、その後、再結成された公明党の幹事長をそれぞれ務めた。同党幹事長として自民党との連立政権を支え、安倍、福田両内閣で国土交通相に就いた。  2009年衆院選に兵庫8区から出馬したが落選。次期衆院選には出馬せず引退の意向を固めていたが、公明党が「党にとって必要な人」と判断、比例代表へのくら替えで調整していた。(2011/12/06-01:37)

ふゆしば-てつぞう 1936-2011昭和後期-平成時代の政治家。昭和11年6月29日満州(中国東北部)奉天(現瀋陽)生まれ。昭和36年司法試験に合格し,39年法律事務所を開業。61年公明党から兵庫2区で立候補し衆議院議員(当選7回)。平成6年新進党結成に参加,10年新党平和結成で幹事長につく。同年公明党再結成で幹事長に就任。18年安倍内閣で国土交通相として初入閣,翌年安倍改造内閣,福田康夫内閣で国交相に再任される。21年総選挙で落選し,政界引退を表明。平成23年12月5日死去。75歳。関西大卒。 (引用元 コトバンク)