芸能人・経営者のおくやみ情報

牛腸茂雄 氏(ごちょうしげお)

写真家[日本]

1983年 6月2日 死去享年38歳

牛腸 茂雄(ごちょう しげお、1946年11月2日 - 1983年3月6日)は、写真家。
新潟県加茂市出身。
新潟県立三条実業高等学校商業科(現新潟県立三条商業高等学校)卒業。
桑沢デザイン研究所修了。
写真を大辻清司に学ぶ。
コンポラ写真の代表的な作家。
幼少(3歳)から胸椎カリエスを患って成長が止まり、背中が曲がる後遺症を抱える。
学生時代にも地元新潟の絵画デザインコンクールに応募受賞し、以後病気と闘いながら36歳の若さでこの世を去るまでに数々の作品を残す。
子供を撮ったスナップショットが多く子供の世界にスウーッと入っていく作風で知られた。
また写真以外にも旺盛な創作意欲を見せ心理学を応用したマーブリング・プロット、ロールシャッハなどの個展・作品集を発表、刊行。
8ミリ、16ミリの映画制作にも挑戦している。
存命中に発表した写真集「SELF AND OTHERS」では日本写真協会新人賞を受賞。
死後、1992年4月に季刊誌「deja-vu」第8号で牛腸茂雄特集が組まれてから、牛腸茂雄を再評価する気運が高まる。

  • 題名
    SELF AND OTHERS
    著者
    牛腸茂雄
    発売元
    未来社
    ページ数
    114ページ
    発売日
    1994-06-01
    新品価格
    ¥ 9,780
    中古商品
    ¥ 4,700 より
  • 題名
    牛腸茂雄写真 こども
    著者
    牛腸茂雄
    発売元
    白水社
    ページ数
    80ページ
    発売日
    2013-08-30
    新品価格
    ¥ 2,052
    中古商品
    ¥ 3,400 より
  • 題名
    牛腸茂雄作品集成
    著者
    牛腸茂雄
    発売元
    共同通信社
    ページ数
    332ページ
    発売日
    2004-09
    新品価格
    中古商品
    ¥ 14,000 より
  • 題名
    デジャ=ヴュ (第8号) 牛腸茂雄
    著者
    フォトプラネット
    発売元
    フォトプラネット
    ページ数
    173ページ
    発売日
    1992-04
    新品価格
    中古商品
    ¥ 3,394 より
  • 題名
    日本写真集史 1956-1986
    著者
    金子隆一
    発売元
    赤々舎
    ページ数
    240ページ
    発売日
    2009-10-15
    新品価格
    ¥ 4,104
    中古商品
    ¥ 3,644 より
  • 題名
    幼年の「時間(とき)」
    著者
    牛腸茂雄
    発売元
    Mole
    ページ数
    発売日
    1995-04
    新品価格
    中古商品
    ¥ 7,802 より
  • 題名
    PHaT PHOTO vol.96 2016 11-12月号 (ファットフォト)
    著者
    三原勇希
    発売元
    シー・エム・エス
    ページ数
    発売日
    2016
    新品価格
    中古商品
    ¥ 900 より
  • 題名
    過去に触れる―歴史経験・写真・サスペンス
    著者
    田中純
    発売元
    羽鳥書店
    ページ数
    620ページ
    発売日
    2016-04-15
    新品価格
    ¥ 5,400
    中古商品
    ¥ 4,550 より
  • 題名
    日々 (1971年)
    著者
    関口正夫
    発売元
    牛腸茂雄,関口正夫
    ページ数
    発売日
    1971
    新品価格
    中古商品
    ¥ 39,999 より
  • 題名
    Akira Yoshimura Works: 吉村朗写真集
    著者
    吉村朗
    発売元
    大隅書店
    ページ数
    320ページ
    発売日
    2014-09-30
    新品価格
    ¥ 6,480
    中古商品
    ¥ 11,431 より

ごちょうしげお(1947―1983) 写真家。新潟県生まれ。1965年(昭和40)桑沢デザイン研究所に入学して、大辻清司(きよじ)に師事し、写真作家となることを志す。68年に同研究所を卒業し、フリーランスの立場で活動しながら『日々』(関口正夫(1946―)との共著。1971)、『SELFANDOTHERS』(1977)、『見慣れた街の中で』(1981)の3冊の写真集を自費出版で刊行した。83年体調が悪化して帰郷するが、同年死去。その静謐(せいひつ)な作品世界は多くの人々の心をとらえ、さらに再評価の気運が高まりつつある。牛腸の写真家としての活動は、3歳のころに患(わずら)った胸椎(きょうつい)カリエスと切り離して考えることはできない。この難病により、身体に重いハンディキャップが残り、医者からは「20歳まで生きられないのではないか」といわれていたという。このような生の条件を背負い込むなかで、写真を通じて「生きていることの証(あかし)」を探ろうとする強い思いが彼のなかに高まっていたのである。それが具体的に結晶するのは、桑沢デザイン研究所時代に撮影したスナップ写真の総決算といえる『日々』を経て、牛腸にとっては2冊目の写真集となる『SELFANDOTHERS』においてである。この写真集で彼が試みたのは、家族、友人、日々の暮らしのなかで出会った人々のポートレートを注意深く配置、構成することで、タイトルにあるように、自己と他者との相互関係を見取り図のように描き出そうとすることだった。結果的に、この写真集におさめられた60枚の写真は、ハンディキャップをもつ彼自身の姿をストレートに写し出したセルフ・ポートレートを含めて、その静か …… (引用元 コトバンク)

「牛腸茂雄」と関連する人物(故人)