芸能人・経営者のおくやみ情報

高橋昭博 氏

元広島平和記念資料館長[日本]

2011年 11月2日 死去心不全享年80歳

高橋 昭博氏(たかはし・あきひろ=元広島平和記念資料館長)2日午前7時42分、心不全のため広島市の病院で死去、80歳。同市出身。自宅は同市西区草津梅が台9の3。葬儀は4日午前11時から同市南区大州5の3の22の平安祭典広島東会館で。喪主は妻史絵(ふみえ)さん。 旧制広島市立中学2年の時、爆心地から約1.4キロ離れた校庭で被爆、全身に大やけどを負った。51年に同市職員となり、79年から4年間、広島平和記念資料館(原爆資料館)長を務め、退職後も修学旅行生らに被爆体験の証言を続けた。(2011/11/02-13:46)

たかはし-あきひろ 1931-2011昭和後期-平成時代の市民運動家。昭和6年7月26日生まれ。広島で中学2年のとき被爆。広島市役所にはいり,昭和54年広島原爆資料館長,58年広島平和文化センター事業部長。被爆者たちで語り部集団をつくり,修学旅行生らに被爆体験をかたり,平和をうったえた。平成23年11月2日死去。80歳。観音高卒。著作に「ヒロシマ,ひとりからの出発」など。 (引用元 コトバンク)

「高橋昭博」と関連する人物(故人)