芸能人・経営者のおくやみ情報

篠原一男 氏(しのはらかずお)

建築家[日本]

2006年 7月15日 死去享年82歳

篠原一男 - ウィキペディアより引用

篠原一男(しのはら かずお、1925年4月2日 - 2006年7月15日)は、日本の建築家。
静岡県生まれ。
1947年東京物理学校卒業後、東北大学で数学を専攻。
建築に転向し東京工業大学建築学科で清家清に師事。
1953年卒業後、1986年定年退官に至るまで東工大の教壇に立ち、プロフェッサーアキテクトとして、住宅を中心とする前衛的な建築作品を一貫して手がけた。
磯崎新と並んでメタボリズム後の日本建築界のリーダーと目され、特に1970年代以降の住宅建築デザインに多大な影響を与えている。
坂本一成、白澤宏規、長谷川逸子、葛西潔、葛西秀一郎、高橋寛、高橋晶子、武田光史、西村博司、坂牛卓、安田幸一ら篠原研究室出身者の他、伊東豊雄へも直接的な影響を与えており、彼らは、篠原のカリスマ性や哲学的スタイルから「篠原スクール」「エピステーメー派」などと称された。

しのはらかずお [生]1925.4.2.静岡[没]2006.7.15.神奈川,川崎建築家。1947年東京物理学校卒業,その後東北大学で数学を学ぶ。東京医科歯科大学助教授を辞し,1949年東京工業大学建築学科に入学,清家清に師事した。同大学助手,助教授を経て1970~86年教授,1986年名誉教授。1950~60年代は住宅設計を手がけ,久我山の家(1954),から傘の家(1961),白の家(1966)など,日本の伝統的な建築様式を抽象化し,現代的な機能美との融合をはかった。1971年,未完の家以後の一連の作品で日本建築学会賞受賞。住宅建築以外にも活躍の場を広げ,芸術選奨文部大臣賞を受賞した東京工業大学百年記念館(1987),熊本北警察署(1991)など多くの作品がある。1990年紫綬褒章,2000年勲三等旭日中綬章を受章。2005年日本建築学会大賞受賞。 (引用元 コトバンク)