芸能人・経営者のおくやみ情報

古川哲史 氏

東京大学名誉教授・倫理学[日本]

2011年 8月22日 死去老衰享年99歳

古川 哲史(ふるかわ てつし、1912年5月8日 - 2011年8月22日)は、日本の倫理学者。
相良亨とともに、和辻哲郎から金子武蔵と続く武士道を重視する東大倫理学科の学統を受け継いだ。
東京大学文学部名誉教授、国際武道大学名誉教授、日本弘道会理事を務めた。
1912年、鹿児島県国分市生まれ。
1935年、東京帝国大学文学部倫理学科卒業。
1937年、同大学院修了、和辻哲郎に師事。
1956年、東大文学部教授に就任。
1973年、定年退官し亜細亜大学教授となる。
1974年、紫綬褒章受章。
1983年、勲三等旭日中綬章受章。
2011年8月22日、老衰のため死去。
99歳没。
著書 近世日本思想の研究 小山書店, 1948 フランス倫理思想の研究 小山書店, 1949 封建的といふことその他 倫理に於ける個我の問題 角川書店, 1949 日本倫理思想史 弘文堂, 1952 新井白石 弘文堂, 1953 日本倫理思想史研究 第1 王朝憧憬の思想とその伝流 福村書店, 1957 日本倫理思想史研究 第2 武士道の思想とその周辺 福村書店, 1957 日本倫理思想史研究 第3 英雄と聖人 福村書店, 1958 日本倫理思想史概説 大阪教育図書, 1960 斎藤茂吉 有信堂, 1961 青春の倫理 有信堂, 1962 日本倫理思想の伝統 創文社, 1965 道徳教育 理想的人間像をもとめて 文化女子大学出版局, 1966 殉死 悲劇の遺蹟 人物往来社, 1967 夢 日本人の精神史 有信堂, 1967 理想的日本人 毎日新聞社, 1972 広瀬淡窓 思文閣, 1972 鼻の欠けた美人の顔 九二日間世界一周の旅 文化出版局, 1973 日本的求道心 理想社, 1974 泊翁西村茂樹 転換期日本の大思想家 文化総合出版, 1976 東西抄 歌集 文化総合出版, 1978 波がしら 歌集 文化総合出版, 1978 明治の精神 ぺりかん社, 1981 さくらの花のような、あるいは白梅のような 詩集 文化総合出版, 1984 明日のない夜はない 詩集 文化総合出版, 1985 健全な日本のために アジア ……

ふるかわ-てつし 1912-2011昭和後期-平成時代の日本思想史家。明治45年5月8日生まれ。昭和31年東大教授。のち亜細亜大教授。国文学,日本史学,宗教思想,芸道思想などの資料をもとに日本の倫理思想史を研究。師・和辻哲郎とともに「葉隠」の校訂をおこなった。平成23年8月22日死去。99歳。鹿児島県出身。東京帝大卒。著作に「日本倫理思想の伝統」「理想的日本人」「日本的求道心」など。 (引用元 コトバンク)

「古川哲史」と関連する人物(故人)