芸能人・経営者のおくやみ情報

塩崎潤 氏

政治家、元総務庁長官[日本]

2011年 5月27日 死去老衰享年93歳

塩崎 潤(しおざき じゅん、1917年5月31日 - 2011年5月27日)は、日本の政治家、衆議院議員、大蔵官僚、翻訳家。
長男は衆議院議員の塩崎恭久。
長女は法学者の山根裕子。
次女は外交官の角崎利夫夫人でアジア防災センター主任研究員の角崎悦子。
来歴・人物 愛媛県松山市出身。
松山中学、旧制松山高校を経て、1941年東京帝国大学(現・東京大学)法学部政治学科を卒業後、大蔵省に入省する。
主に主税局畑を歩き、1965年国税庁次長、大蔵省主税局長を歴任した。
1967年大蔵省を退官し、翌1968年の第8回参議院議員通常選挙に自由民主党公認で全国区から出馬。
この時は落選に終わるものの、1969年の第32回衆議院議員総選挙では郷里の愛媛1区から自民党公認で立候補して雪辱を果たした。
以後、当選8回。
自民党では、宏池会に所属。
1970年のいわゆる「大平クーデター」では、宏池会会長の前尾繁三郎を田中六助、田沢吉郎らとともに批判し、宏池会会長を前尾から大平正芳に交代させる原動力となった。

塩崎 潤氏(しおざき・じゅん=元総務庁長官、塩崎恭久元官房長官の父)27日午後4時12分、老衰のため都内の病院で死去、93歳。松山市出身。葬儀は6月3日午前10時30分から東京都港区芝公園4の7の35の増上寺光摂殿で。喪主は長男恭久(やすひさ)氏。 旧大蔵省主税局長を経て、1969年の衆院選で自民党から旧愛媛1区に立候補し、初当選。当選8回。経済企画庁長官、総務庁長官などを歴任した。93年に勲一等旭日大綬章を受けた。(2011/05/27-23:11)

政治家、元衆議院議員、元総務庁長官、元経済企画庁長官。 2011年5月27日、死去。93歳だった。 長男は、元内閣官房長官の衆議院議員、塩崎恭久。 1969年、衆議院旧愛媛1区で自民党公認で初当選し、1993年の引退まで連続8期。 1982年、中曽根康弘内閣で経済企画庁長官。 1990年、海部俊樹内閣で総務庁長官。 (引用元 Hatena Keyword)