芸能人・経営者のおくやみ情報

野坂参三 氏(のさかさんぞう)

政治家[日本]

(日本共産党元名誉議長)

1993年 11月14日 死去享年102歳

野坂参三 - ウィキペディアより引用

野坂 参三(のさか さんぞう、1892年(明治25年)3月30日 - 1993年(平成5年)11月14日)は、日本の政治家、日本共産党議長、コミンテルン(共産主義インターナショナル)日本代表、日本共産党の第一書記を務め、名誉議長となる。
衆議院議員(3期)・参議院議員(4期)。
初名は小野 参弎(おの さんぞう)。
中国では岡野 進や林 哲と称した。
ペンネームは野坂鉄嶺、野坂鉄など。
生涯 生誕から延安入りまで 山口県萩市の商家に生まれる。
3月30日生まれだったため参弎と名付けられた。
9歳で母の実家である野坂家の養子となり、野坂姓となる。
幣原喜重郎内閣書記官長となった内務官僚次田大三郎は義兄、龍夫人の姉婿。
明治31年、明倫尋常小学校入学、萩中学校を経て、県立神戸商業学校(現・兵庫県立神戸商業高等学校)に進学。
在学中論文に「社会主義を論ず」を発表して教師からひどく叱責される。
明治45年、慶應義塾大学理財科に入学し、在学中に友愛会や新人会に入り労働運動に参加する。
卒業後、常任書記となる。
1919年(大正8年)友愛会の派遣でイギリスに渡り、英国共産党に参加する。

1892-1993 戦前からの共産党の幹部であったが、現在は公安警察のスパイであったという説が有力である。そのため、100歳を超えてから共産党を除名され、晩節を汚した。 山口県生まれ。1922年の日本共産党創立時に参加。1931年コミンテルン日本代表としてソ連に入り、中国延安に送られ、反戦同盟を組織する。 1946年帰国し、当時の共産党の人気と相まって、国民的な歓迎を受けた。その後、共産党中央委員会議長を務めた。 (引用元 Hatena Keyword)