芸能人・経営者のおくやみ情報

斎藤隆夫

政治家[日本]

1949年 10月7日 死去享年80歳

斎藤隆夫 - ウィキペディアより引用

斎藤 隆夫(さいとう たかお、1870年9月13日(明治3年8月18日) - 1949年(昭和24年)10月7日)は日本の弁護士、政治家である。
姓は「齋藤」とも記述する。
戦前期に、弁舌により帝国議会で軍部やファシズムに抵抗した。
来歴・人物 現在の兵庫県豊岡市出石町中村に斎藤八郎右衛門の次男として生まれる。
8歳になり福住小学校に入学したが12歳の頃、「なんとしても勉強したい」という一念から京都の学校で学ぶことになった。
ところが彼の期待していた学校生活とは異なり、1年も経たず家へ帰ってきた。
その後、農作業を手伝った。
21歳の冬に、東京まで徒歩で移動する。
上京後は後に徳島県知事である桜井勉の書生となる。
1891年(明治24年)9月に東京専門学校(現・早稲田大学)行政科に入学、1894年(明治27年)7月に同校同学科を首席で卒業。
同年判事検事登用試験(現・司法試験)に不合格も、翌年1895年(明治28年)弁護士試験(現司法試験)に合格(この年の弁護士試験合格者は1500名余中33名であった)。

1870年9月13日〜1949年10月7日 日本の弁護士。政治家。兵庫県出身。旧制東京専門学校卒業。 戦前は弁舌により帝国議会で軍部に抵抗した。 (引用元 Hatena Keyword)