芸能人・経営者のおくやみ情報

堀越二郎 氏

航空技術者[日本]

1982年 1月11日 死去享年80歳

堀越二郎 - ウィキペディアより引用

堀越 二郎(ほりこし じろう、1903年6月22日 - 1982年1月11日)は、日本の航空技術者。
位階は従四位。
勲等は勲三等。
学位は工学博士(東京大学・1965年)。
零戦の設計者として有名。
新三菱重工業株式会社参与、東京大学宇宙航空研究所講師、防衛大学校教授、日本大学生産工学部教授などを歴任した。
生涯 1903年6月22日群馬県藤岡市に生まれる。
藤岡中学校、第一高等学校を経て東京帝国大学工学部航空学科を首席で卒業。
同期に木村秀政、土井武夫らがいる。
三菱内燃機製造(現在の三菱重工業)に入社。
最先端の航空機技術を学ぶ為にヨーロッパ、アメリカへ1年半派遣された。
1932年、入社5年で設計主任に抜擢された堀越は、まだ複葉機が主流な時代において、単葉機である七試艦上戦闘機を設計。
しかし試作された2機は試験飛行中に墜落してしまい不採用。
同年中に佐々木須磨子と見合い結婚。
後に6人の子宝に恵まれる。
1934年には九試単座戦闘機の設計・開発を進め、九試単座戦闘機では機体表面の空力的平滑化を徹底するなど革新的な設計を行い、逆ガル翼を持つ試作一号機を経て、1935年試作二号機が日本海軍初の全金属単葉戦闘機九六式艦上戦闘機として採用された。

ほりこしじろう [生]1903.6.22.群馬,藤岡[没]1982.1.11.東京航空機設計者,航空評論家。零式艦上戦闘機(零戦)の設計者として世界的に知られる。1927年東京帝国大学工学部航空学科卒業,同年三菱内燃機名古屋航空機製作所に入社。軍用機の設計に従事し,1929~30年ドイツ,アメリカ合衆国に留学。1932年低翼単葉の七試艦上戦闘機を設計し,当時の複葉の常識を破った。その後も設計主任として,九六式艦上戦闘機(1935),零戦(1939),雷電(1941),零戦の後継機とされた烈風(1942)の設計を担当。第2次世界大戦後は日本航空機製造YS-11の設計に参加,1962年日本航空学会会長に就任。東京大学宇宙航空研究所講師,防衛大学校教授,日本大学講師を歴任し,航空評論家としても活躍。1973~74年には国防会議専門家会議座長として次期対潜哨戒機PXLの選定作業に携わった。共著『零戦』(1953)がある。 (引用元 コトバンク)

「堀越二郎」と関連する人物(故人)