芸能人・経営者のおくやみ情報

太宰治(だざいおさむ)

作家[日本]

1948年 6月13日 死去自殺享年38歳

太宰治 - ウィキペディアより引用

太宰 治(だざい おさむ、1909年(明治42年)6月19日 - 1948年(昭和23年)6月13日)は、日本の小説家である。
本名、津島 修治(つしま しゅうじ)。
1936年(昭和11年)に最初の作品集『晩年』を刊行し、1948年(昭和23年)に山崎富栄と共に玉川上水で入水自殺を完遂させた。
主な作品に『走れメロス』『津軽』『お伽草紙』『斜陽』『人間失格』。
その作風から坂口安吾、織田作之助、石川淳らとともに新戯作派、無頼派と称された。
幼年時代 青森県北津軽郡金木村(後の金木町、現在の五所川原市)に、県下有数の大地主である父津島源右衛門(1871年 - 1923年)と母タ子(たね、1873年 - 1942年)の六男として生まれた。
両親にいる11人の子女のうちの10番目。
父・源右衛門は木造村の豪農松木家からの婿養子で県会議員、衆議院議員、多額納税による貴族院議員等をつとめた地元の名士。
津島家は「金木の殿様」とも呼ばれていた。
父は仕事で多忙な日々を送り、母は病弱だったので、太宰自身は乳母らによって育てられた。

だざいおさむ [生]1909.6.19.青森,金木[没]1948.6.13.東京,三鷹小説家。本名,津島修治。1930年東京大学仏文科に入学,中退。井伏鱒二に師事。在学中共産主義運動の非合法活動に関連し,脱落後自殺未遂。35年『逆行』『道化の華』『ダス・ゲマイネ』を発表して認められ,創作集『晩年』(1936),『虚構の彷徨』(37),『二十世紀旗手』(37)を経て『駈込み訴へ』(40),『走れメロス』(40)などにより作家としての地位を確立。第2次世界大戦後は『トカトントン』(47),『ヴィヨンの妻』(47),『斜陽』『人間失格』など自意識崩壊の告白を綴って流行作家となった。典型的な自己破滅型の私小説作家であった。玉川上水で遺体が発見された6月19日を命日に桜桃忌が営まれる。 (引用元 コトバンク)