芸能人・経営者のおくやみ情報

加藤清正(かとうきよまさ)

戦国大名、熊本藩主[日本]

(慶長16年6月24日没)

1611年 8月2日 死去享年50歳

加藤清正 - ウィキペディアより引用

加藤 清正(かとう きよまさ)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将・大名。
肥後熊本藩初代藩主。
別名虎之助(とらのすけ) 豊臣秀吉の子飼いの家臣で、賤ヶ岳の七本槍の一人である。
各地を転戦して武功を挙げ、肥後北半国を与えられた。
秀吉没後は徳川氏の家臣となり、関ヶ原の戦いの働きによって肥後国一国を与えられ、熊本藩主となった。
明治43年(1910年)に従三位を追贈されている。
生涯 秀吉の子飼いから肥後の大名へ 永禄5年(1562年)6月24日、刀鍛冶の加藤清忠の二男として、尾張国愛知郡中村(現在の名古屋市中村区)に生まれる。
母は鍛冶屋清兵衛の娘・伊都。
父が清正の幼いときに死去したため、母とともに津島に移る。
母が羽柴秀吉の生母である大政所の従姉妹(あるいは遠縁の親戚)であったことから、天正元年(1573年)、近江長浜城主となったばかりの秀吉に小姓として仕え、天正4年(1576年)に170石を与えられた。

  • 題名
    加藤清正伝
    歌手
    発売元
    SPACE SHOWER MUSIC
    発売日
    2010年6月09日
    新品価格
    ¥ 7,980 より
    中古商品
    より

戦国武将。戦国後期最強武将の一角をなす。 1562年〜1611年 肥後熊本城主。豊臣秀吉の子飼いで、賤ヶ岳七本槍の一人。朝鮮では鬼と恐れられる。 小西行長、石田三成らと対立が高じて、関ヶ原の合戦で徳川家康側に立つ。晩年、家康と豊臣秀頼の二条城会見を成功させたが、その直後に死去。 (引用元 Hatena Keyword)