芸能人・経営者のおくやみ情報

平時子

平清盛の正室[日本]

(文治元年3月24日没)

(ユリウス暦) 1185年 4月25日 死去入水享年歳

平時子 - ウィキペディアより引用

平 時子(たいら の ときこ、大治元年(1126年) - 文治元年3月24日(1185年4月25日)は、平安時代末期の女性。
平清盛の正室(継室)。
位階は従二位。
二位尼(にいのあま)と称される。
中級貴族の平時信の娘で、母は二条大宮(令子内親王)の半物(氏素性は未詳)。
権大納言・平時忠の同母姉、平滋子(建春門院)の異母姉。
清盛との間に宗盛、知盛、徳子(建礼門院)、重衡らを生む。
生涯 第一子の宗盛の誕生年より、久安元年(1145年)頃、清盛の後妻として迎えられたと推測されている。
平治の乱後、二条天皇の乳母となり、永暦元年(1160年)12月24日、八十島典侍の賞により従三位に叙された(『山槐記』同日条)。
時子が二条帝の乳母となり、清盛が乳父となったことは、信西の地位の継承の狙いとともに、後白河院と二条帝の対立の中で、二条帝への従属と政治的奉仕の姿勢を示すものと考えられている。
二条帝の崩御後、後白河院の寵妃となった異母妹・滋子とともに清盛と後白河院の政治的提携強化の媒介となり、仁安元年(1166年)10月10日、滋子の生んだ憲仁親王(後の高倉天皇)が立太子すると、同年10月21日に従二位に叙せられた(『兵範記』同日条)。

平清盛の正妻で平宗盛、平知盛、平重衡、建礼門院徳子らの母。平時忠、平親宗、滋子(建春門院)の姉。 清盛と共に出家し、別名二位尼(にいのあま)と呼ばれる*1。清盛没後は平家の実質上中心となってと一門を支えた。壇ノ浦の戦いで平家軍が源氏軍に敗北を喫した際、建礼門院徳子の実子で孫にあたる幼い安徳天皇を抱き入水自殺した。 *1:位階が従二位であったことによる。 (引用元 Hatena Keyword)

「平時子」と関連する人物(故人)