芸能人・経営者のおくやみ情報

後奈良天皇(ごならてんのう)

第105代天皇[日本]

(弘治3年9月5日崩御)

(ユリウス暦) 1557年 9月27日 死去享年歳

後奈良天皇 - ウィキペディアより引用

後奈良天皇(ごならてんのう、明応5年12月23日(1497年1月26日) - 弘治3年9月5日(1557年9月27日))は、室町時代・戦国時代の第105代天皇(在位:大永6年4月29日(1526年6月9日)- 弘治3年9月5日(1557年9月27日))。
諱は知仁(ともひと)。
系譜 後柏原天皇の第二皇子。
母は、勧修寺教秀の娘、豊楽門院・勧修寺藤子。
女院:藤原(万里小路)栄子(吉徳門院)(1494-1522) - 万里小路賢房女 第一皇女(1514-1515) 第一皇子:方仁親王(正親町天皇)(1517-1593) 第二皇女:永寿女王(1519-1535) - 大聖寺門跡 第二皇子(1521-1530) 典侍:藤原(高倉)量子 - 橘以緒女、高倉永家養女 第五皇女:普光女王(?-1579) - 安禅寺 典侍:藤原(広橋)国子 - 広橋兼秀女 第七皇女:聖秀女王(1552-1623) - 曇華院 掌侍:藤原(日野)具子 - 水無瀬秀兼女、日野守光養女 宮人:小槻氏(伊予局) - 壬生雅久女(壬生晴富女、和気親就女とする説あり) 第三皇子:覚恕(1521-1574) - 曼殊院 宮人:藤原氏 - 持明院基春女 皇女2人(1520) - 双子。

ごならてんのう [生]明応5(1496).12.23.京都[没]弘治3(1557).9.5.京都第105代の天皇(在位1526~57)。名は知仁。後柏原天皇の第2皇子。母は豊楽門院藤原藤子(勧修寺教秀の娘)。皇室の最も式微した時期で,室町幕府の献金で践祚し,それから10年後の天文5(36)年,北条,今川,朝倉,大内氏らの献金によって即位式が行えたほどであった。全国的な争乱に加えて,同9年の飢饉と疫病に苦しむ庶民を見て,宸筆の『般若心経』を諸国一宮に奉納し災厄を祈禳したことは有名である。学を好み,三条西実隆らに和漢の書の講義を聞き,古典の書写,保存に努めた。『天聴集』が現存している。陵墓は京都市伏見区深草坊町の深草北陵。 (引用元 コトバンク)