芸能人・経営者のおくやみ情報

後柏原天皇

第104代天皇[日本]

(大永6年4月7日崩御)

(ユリウス暦) 1526年 5月19日 死去

後柏原天皇 - ウィキペディアより引用

後柏原天皇(ごかしわばらてんのう、寛正5年10月20日(1464年11月19日)- 大永6年4月7日(1526年5月18日))は、室町時代、戦国時代の第104代天皇(在位:明応9年10月25日(1500年11月16日) - 大永6年4月7日(1526年5月18日))。
諱は勝仁(かつひと)。
系譜 後土御門天皇の第一皇子。
母は、庭田重賢の女、庭田朝子(蒼玉門院)。
典侍:勧修寺藤子(豊楽門院)(1464-1535) - 勧修寺教秀女 第一皇女:覚鎮女王(1486-1550) - 大聖寺門跡 第一皇子(1493) - 夭逝 第二皇子:知仁親王(後奈良天皇)(1497-1557) 第五皇子:清彦親王(尊鎮法親王)(1504-1550) - 天台座主・四天王寺別当 典侍:庭田源子 - 庭田雅行女 第三皇子:覚道法親王(1500-1527) 第二皇女:覚音女王(1506-?) - 大慈光院 第六皇子:寛恒親王(彦胤法親王)(1509-1536) 掌侍:高倉継子 - 高倉永継女 第四皇子:道喜(1503-1530) - 仁和寺・上乗院 系図 文明12年(1480年)12月13日に親王宣下。

ごかしわばらてんのう [生]寛正5(1464).10.20.京都[没]大永6(1526).4.7.京都第104代の天皇(在位1500~26)。名は勝仁。後土御門天皇の第1皇子。母は贈皇太后源朝子。明応9(1500)年践祚したが,戦国乱世で皇室財政は窮乏をきわめ,永正18(21)年にいたって初めて即位式をあげることができた。和歌集『柏玉集』,日記『後柏原天皇宸記』が伝わっている。陵墓は京都市伏見区深草坊町の深草北陵。 (引用元 コトバンク)