芸能人・経営者のおくやみ情報

後光厳天皇

北朝第4代天皇[日本]

(応安7年1月29日崩御)

(ユリウス暦) 1374年 3月12日 死去享年歳

後光厳天皇 - ウィキペディアより引用

後光厳天皇(ごこうごん てんのう、建武5年3月2日(1338年3月23日)- 応安7年1月29日(1374年3月12日))は、南北朝時代の北朝第4代天皇(在位:観応3年8月17日(1352年9月25日)- 応安4年3月23日(1371年4月9日))。
諱は弥仁(いやひと、旧字体:彌仁)。
系譜 光厳天皇の第二皇子。
母は正親町三条公秀の娘、陽禄門院・正親町三条秀子。
典侍:藤原(広橋)仲子(崇賢門院)(1339-1427) - 善法寺通清女、広橋兼綱養女 第二皇子:緒仁親王(後円融天皇)(1359-1393) 第五皇子:永助法親王(煕永親王)(1362-1437) - 仁和寺御室 第六皇子:尭仁法親王(1363-1430) - 142・149代天台座主 第十二皇子:尭性法親王(1371-1388) - 妙法院 宮人:藤原氏(右衛門佐局) - 父不詳 第一皇子:亮仁法親王(尊貞親王)(1355-1370) - 妙法院 第三皇子:行助法親王(煕平親王)(1360-1386) - 円満院 皇子(1361-1369) 第七皇子:覚増法親王(1363-1390) - 聖護院 宮人:藤原氏(左京大夫局・伯耆局) - 法印長快女、正親町三条実継養女 第一皇女:治子内親王(?-1390) - 准三后 第四皇子:覚叡法親王(新仁親王?)(1361-1377) 第八皇子:道円法親王(久尊親王)(1364-1385) - 青蓮院・141代天台座主 第十一皇子:聖助法親王(1371-?) - 本覚院 宮人:橘繁子(少納言内侍) - 橘以繁女 第十皇子:明承法親王(1367-1396) - 梶井門主・143代天台座主 母不詳 第九皇子:寛守法親王(1366-1401) - 上乗院 第十三皇子:寛教法親王(道信親王)(1373-1405) - 大覚寺 第二皇女:見子内親王 - 三時知恩寺開基 第十四皇子:皇子 - 龍頭菴主 秀仁女王 - 景愛寺長老 系図 幼少時には、後伏見天皇の女御で祖母にあたる広義門院(西園寺寧子)に後見される。

ごこうごんてんのう [生]延元3=暦応1(1338).3.2.京都[没]文中3=応安7(1374).1.29.京都北朝第4代の天皇(在位1352~71)。名は弥仁(いやひと)。法諱光融。光厳天皇の第2皇子。母は陽禄門院藤原秀子。南北朝の和議が再び破れ,後村上天皇が再度吉野へ出向いたあと,正平7=文和1(52)年足利氏に迎えられ15歳で践祚し,翌年即位した。初め南朝軍の来襲にあい,美濃,近江など諸処に難を避けて移動した。建徳2=応安4(71)年,皇太子緒仁(後円融天皇)に譲位した。好学で,東坊城長綱から『史記』『後漢書』『貞観政要』などの進講を聞き,二条為明には『古今和歌集』の家説を講じさせた。また和歌をよくし,勅撰集には45首収められている。陵墓は京都市伏見区深草坊町の深草北陵。 (引用元 コトバンク)