芸能人・経営者のおくやみ情報

後三条天皇(ごさんじょうてんのう)

第71代天皇[日本]

(延久5年5月7日崩御)

(ユリウス暦) 1073年 6月15日 死去享年40歳

後三条天皇 - ウィキペディアより引用

後三条天皇(ごさんじょうてんのう、長元7年7月18日(1034年9月3日) - 延久5年5月7日(1073年6月15日))は、第71代天皇(在位:治暦4年4月19日(1068年5月22日) - 延久4年12月8日(1073年1月18日))。
諱は尊仁(たかひと)。
宝算40。
後朱雀天皇の第二皇子。
母は三条天皇第三皇女・皇后禎子内親王(陽明門院)。
後冷泉天皇の異母弟。
宇多天皇以来170年ぶりの藤原氏を外戚としない天皇である(ただし、生母の禎子内親王は藤原道長の外孫である)。
生涯 幼少時 後一条天皇の皇太弟・敦良親王(のちの後朱雀天皇)の第2王子として生まれる。
父の即位に伴い、長元9年12月に親王宣下を受ける。
異母兄・後冷泉天皇)の即位にあたり、寛徳2年(1045年)1月16日、12歳で皇太弟となる。
東宮時代 生母が藤原氏の出でない(道長の外孫ではあるが、関係は悪化していた)ため、関白藤原頼通・教通兄弟に疎んじられたが、彼らの異母弟・能信の支援を受けたと言われている。

ごさんじょうてんのう [生]長元7(1034).7.18.京都[没]延久5(1073).5.7.京都第71代天皇(在位1068~72)。名は尊仁(たかひと)。後朱雀天皇の第2皇子。母は三条天皇の皇女禎子内親王(陽明門院)。治暦4(1068)年践祚し,次いで即位した。学を好み,才能卓抜,資性剛健で,母が藤原氏の出でなかったため摂家にはばかるところがなく,また藤原氏の内紛に乗じて摂関の専権を抑えて万機を親政した。記録所を設けて荘園整理を断行し,成功(じょうごう。売官),重任(ちょうにん)の悪弊を厳禁し,禁中の調度供御を簡約にし,標準枡として宣旨枡(延久宣旨枡)を定めた。また敬神崇祖の念あつく,日吉社をはじめ諸社に行幸し,みずから円宗寺を造立して法華会と最勝会を勅修した。陵墓は京都市右京区の円宗寺陵(えんしゅうじのみささぎ)。 (引用元 コトバンク)