芸能人・経営者のおくやみ情報

舒明天皇

第34代天皇[日本]

(ユリウス暦) 0641年 11月17日 死去享年歳

舒明天皇 - ウィキペディアより引用

舒明天皇(じょめいてんのう、推古天皇元年(593年)? - 舒明天皇13年10月9日(641年11月17日))は、日本の第34代天皇(在位:舒明天皇元年1月4日(629年2月2日) - 舒明天皇13年10月9日(641年11月17日))。
諱は田村(たむら)。
和風諡号は息長足日広額天皇(おきながたらしひひろぬかのすめらみこと)。
先代の推古天皇は、在位36年3月7日(628年4月15日)に崩御した時、継嗣を定めていなかった。
蘇我蝦夷は群臣にはかってその意見が田村皇子と山背大兄皇子に分かれていることを知り、田村皇子を立てて天皇にした。
これが舒明天皇である。
これには蝦夷が権勢を振るうための傀儡にしようとしたという説と他の有力豪族との摩擦を避けるために蘇我氏の血を引く山背大兄皇子を回避したという説がある。
また近年では、欽明天皇の嫡男である敏達天皇の直系(田村皇子)と、庶子である用明天皇の直系(山背大兄皇子)による皇位継承争いであり豪族達も両派に割れたために、蝦夷はその状況に対応した現実的な判断をしただけであるとする見方もある。

じょめいてんのう [生]推古1(593).大和[没]舒明13(641).10.9.第34代の天皇(在位629~641)。名は息長足日広額尊(おきながたらしひひろぬかのみこと),また田村。敏達天皇の皇孫にあたる。押坂彦人大兄皇子の子,母は糠手姫皇女。舒明1(629)年即位。翌年宝皇女(のちの皇極天皇,さらに重祚して斉明天皇)を皇后に立て,都を大和の飛鳥岡本宮に遷した。その治世中は蘇我蝦夷,入鹿が絶大な権力を有していた。陵墓は奈良県桜井市大字忍阪の押坂内陵。 (引用元 コトバンク)