芸能人・経営者のおくやみ情報

用明天皇

第31代天皇[日本]

(ユリウス暦) 0587年 4月9日 死去享年歳

用明天皇 - ウィキペディアより引用

用明天皇(ようめいてんのう、生年不詳 - 用明天皇2年4月9日(587年5月21日?))は、日本の第31代天皇(在位:敏達天皇14年9月5日(585年10月3日?) - 用明天皇2年4月9日(587年5月21日?))。
和風謚号・異名 和風諡号は、『日本書紀』では橘豊日天皇(たちばなのとよひのすめらみこと)、『古事記』では橘豊日命(たちばなのとよひのみこと)という。
なお諱を池辺皇子(いけのべのみこ)というのは、『元興寺伽藍縁起并流記資財帳』の表記に基づくものであり、日本書紀で記されている同名の人物と同一かは明らかではない。
また、即位前の名称として大兄皇子(おおえのみこ)とも称する。
系譜 欽明天皇の第四皇子。
母は蘇我稲目の娘・堅塩媛。
また、高向王(寶女王(のちの皇極天皇)の最初の夫)の祖父とされる。
皇后:穴穂部間人皇女(泥部穴穂部皇女ともいう。
欽明天皇の皇女、のち田目皇子の妃、佐富女王の母) 第二皇子:厩戸皇子(諡号は聖徳太子。
上宮太子・豊聡耳皇子・法主王ともいう) - 推古天皇の皇太子・摂政 第四皇子:来目皇子(または久米王) - 撃新羅将軍。

  • 題名
    聖徳太子伝
    著者
    杉本好伸
    発売元
    国書刊行会
    発売日
    2011-02-28
    新品価格
    ¥ 8,640 より
    中古商品
    ¥ 2,296 より

ようめいてんのう [生]?[没]用明2(587).4.9.第31代の天皇(在位585~587)。欽明天皇の第4皇子。母は蘇我稲目の娘堅塩(きたし)媛。名,橘豊日尊(たちばなのとよひのみこと)。大和磐余池辺雙槻宮(いわれいけのべのなみつきのみや)に都した。穴穂部間人(はしひと)皇女を立てて皇后とし,聖徳太子をもうけた。在位は2年で短く,仏教問題で大連物部守屋,大臣蘇我馬子の対立が激しくなっていった。陵墓は大阪府南河内郡太子町の河内磯長原陵。 (引用元 コトバンク)