芸能人・経営者のおくやみ情報

北条泰時(ほうじょうやすとき)

武将、鎌倉幕府第3代執権[日本]

(仁治3年6月15日没)

(ユリウス暦) 1242年 7月14日 死去享年60歳

北条泰時 - ウィキペディアより引用

北条 泰時(ほうじょう やすとき)は、鎌倉時代前期の武将。
鎌倉幕府第2代執権・北条義時の長男。
鎌倉幕府第3代執権(在職:貞応3年(1224年) - 仁治3年6月15日(1242年7月14日))。
鎌倉幕府北条家の中興の祖として、御成敗式目を制定した人物で有名である。
生涯 出生から承久の乱まで 寿永2年(1183年)、北条義時の長男(庶長子)として生まれる。
幼名は金剛。
母は側室の阿波局で、御所の女房と記されるのみで出自は不明。
父の義時は21歳、祖父の時政ら北条一族と共に源頼朝の挙兵に従い鎌倉入りして3年目の頃である。
金剛が10歳の頃、御家人多賀重行が泰時と擦れ違った際、重行が下馬の礼を取らなかったことを頼朝に咎められた。
頼朝の外戚であり、幕政中枢で高い地位を持っていた北条は、他の御家人とは序列で雲泥の差があると頼朝は主張し、重行の行動は極めて礼を失したものであると糾弾した。
頼朝の譴責に対して重行は、自分は非礼とみなされるような行動はしていない、泰時も非礼だとは思っていないと弁明し、泰時に問い質すよう頼朝に促した。

ほうじょうやすとき [生]寿永2(1183).鎌倉[没]仁治3(1242).6.15.鎌倉鎌倉幕府の3代執権(在職1224~42)。義時の子。妻は三浦義村の娘。幼名は金剛。建久5(1194)年元服して頼時と名のり,のち泰時と改名。建暦1(1211)年修理亮,建保6(18)年侍所別当,承久1(19)年正月従五位上,駿河守,同年11月武蔵守。同3年承久の乱には幕府軍を率いて上洛し,引続き六波羅探題に任じられて滞京し戦後処理にあたった。元仁1(24)年執権。翌年叔父時房を連署とし,また評定衆を設置。貞永1(32)年『御成敗式目』を制定。翌年従四位下。嘉禎2(36)年左京権大夫を兼任。暦仁1(38)年従四位上。同年武蔵守,次いで左京権大夫を辞任。翌年正四位下。仁治3(42)年5月病により出家し,法名を観阿と称した。 (引用元 コトバンク)